« 【観戦記】10年第10節:浦和 2-1 名古屋 | トップページ | 【展望】10年第11節横浜M戦 »

2010.05.06

麺処 遊@西川口

 西川口駅西口からドンキホーテのある交差点を右折。ソープ街も尽きて少々寂しくなった通りの一角に店を構えています。西川口駅が最寄ですが住所は蕨市内。

Yuu1004_02

 屋号通り、鶯谷の「遊」の関連店だと記憶していますが、正確な関連性は不明。

 王子&赤羽の「伊藤」を含め、この系列の店は具が少なくて、しかも大盛りにするとやたらスープが少なくて難儀するのを思い出して「肉中華そば(750円)」を注文。他に「つけそば」も用意。

 先客1、後客ゼロ。店内はL字型カウンターが10席ほど(しかも椅子の間隔が随分まばら)と壁際に4席。厨房内にはスタッフが1名だけ。店内には煮干しの香りがほんのり漂っていますが、カウンターと厨房の間の仕切りが万里の長城のように聳え立っているので、厨房の中の様子は窺えず。

Yuu1004_00

 うーん、並盛りでもやっぱりスープは少なめなんですなぁ・・・ しっかりと煮干しが効いていて、かつ旨味過多に至ることなく食べやすい範囲内に収まってはいますが、やや渋みが出てしまっているのが気になりました。

 麺はやや細めのストレート。堅めでぼそぼそとした食感。スープが少ないので食べ進んでも麺がしっとりすることはなく、最後まで似たような食感。

Yuu1004_01

 秀逸だったのは角煮風のチャーシュー。やや濃い目の煮込まれ具合でしたが、この値段でこの質・この量は感涙もの。っちゅーか、チャーシューは一つ減らしていいからスープを増してくれっちゅーのが正直なところ。他に刻みネギが少々。

 細部に難点があるものの、トータルとしては十二分に満足できる出来。西川口界隈ではぶっちぎりのレベルだと思いますが、如何せん店の場所が良くありません。近隣住民の固定客を掴んで頑張れるかどうか。

|

« 【観戦記】10年第10節:浦和 2-1 名古屋 | トップページ | 【展望】10年第11節横浜M戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48040412

この記事へのトラックバック一覧です: 麺処 遊@西川口:

« 【観戦記】10年第10節:浦和 2-1 名古屋 | トップページ | 【展望】10年第11節横浜M戦 »