« 【展望】10年第10節名古屋戦 | トップページ | 【観戦記】10年第6節:千葉L 2-2 浦和L »

2010.05.04

さい。@大山

Sai1004_02

 大山駅南口から南へ。アーケード街から微妙に外れた、駅至近な割にはぱっと見では判りづらい曲がり角に立地。

 土曜昼に往訪。先客ゼロ、後客1。店先に「特製もりそば 大勝軒」の提灯が揺れていてそれ系の店だと判ります。

Sai1004_03

 可愛いサイの絵が描かれています。固有名詞に句点を付けるのはちょっと見せ方としては古びているかなぁ・・・ナウなヤングにバカ受けみたいな。

 「もりそば(700円)」を注文。並(300g)、中盛(450g)同値段ですが大勝軒系は経験的に並で十分。大盛(600g)は100円増し。「もりそば」以外に「中華そば」も用意。

 店内はI字型カウンター6席。店先には「奥に座敷あり」との貼り紙がありましたが、奥の様子はカウンターからは判らず。さほど大きな店には見えませんがスタッフは3名もいました。

Sai1004_00

 麺の丼とほとんど変わらない位でかい器に並々と注がれたつけ汁が出てきました。まぁつけ汁をケチられるよりはよほど良いのですが、いくらなんでもでかすぎ(苦笑) 大盛用がデフォルトなんでしょうか?

Sai1004_01

 麺は自家製麺。丸い断面の太麺がかなり強めに縮れていますが、大勝軒系では珍しいかな? つるつるっとした食感で程よいコシ加減が結構気に入りました。

 つけ汁はやや酸味が強い魚介豚骨。わずかにオイリッシュながら甘味控えめで大勝軒系にしては個人的には食べやすいほうかも。但しメンマが強烈に酸っぱいのは減点材料。逆に厚めのチャーシューは肉の味がしっかり楽しめて値段を考えれば秀逸の出来。一つだけですがワンタンが入っているのもお値打ち感あり。他に堅ゆで卵半個。

 特に際立った特徴はありませんが、大山商店街で幅広い客層に受け入れられそうな、至って無難な出来かと。

|

« 【展望】10年第10節名古屋戦 | トップページ | 【観戦記】10年第6節:千葉L 2-2 浦和L »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/47983843

この記事へのトラックバック一覧です: さい。@大山:

« 【展望】10年第10節名古屋戦 | トップページ | 【観戦記】10年第6節:千葉L 2-2 浦和L »