« 節骨麺たいぞう@池袋 | トップページ | 【TV短感】ウルグアイ 2-1 韓国 »

2010.06.26

【本】「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理

サイモン・クーパー (著), ステファン・シマンスキー (著), 森田浩之 (翻訳)

・タイトルは本の中身とほぼ関係がありません。もともと英国で出された”Why England Lose”を翻訳して、日本に関する章ををちょこっと追加しただけ。

・また経済学というよりは初等統計学というべき内容で、サッカーを膨大なデータと簡単な統計的手法を用いて様々な角度から論じたもの。従って重回帰分析くらいの知識は持ち合わせておいたほうが楽しく読めます。

・もともとが英国向けだけにプレミアリーグの例が非常に多い。それゆえその辺の知識がないとちょっと辛いかもしれません。

・悪くいえば「井崎脩五郎先生の競馬予想」と大差がない部分もないではありませんが(苦笑)、それはそれとして雑学的な読み物としては非常に良く出来ています。特に「サッカーはビジネスですらない」「スタジアム建設に経済効果はない」という指摘は斬新。

・そしてシーチケで毎試合観戦に訪れるワシは「狂信者」に分類されてしまうのか(´・ω・`)ショボーン

|

« 節骨麺たいぞう@池袋 | トップページ | 【TV短感】ウルグアイ 2-1 韓国 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48591011

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理:

« 節骨麺たいぞう@池袋 | トップページ | 【TV短感】ウルグアイ 2-1 韓国 »