« 【TV短感】オランダ 2-0 デンマーク | トップページ | 仙台2010(2):牛たん&大崎八幡宮 »

2010.06.15

【TV短感】日本 1-0 カメルーン

・「接近なんとか展開」だとか「ハエジャパン」だとか、当初掲げていたプランを土壇場でかなぐり捨てて、格上のカメルーンに対してかなり守備的な構えで挑んだ日本。ものの見事に日本のゲームプラン通りに試合が進み、ほんのちょっとしかないチャンスをきっちり決めるという、全く日本らしくない「抜群の決定力」でカメルーンを下しました。

・面白くともなんともないけれど、結果だけはきっちりと出す、岡田監督の真骨頂を肝心要の本番中の本番で披露。「世界を驚かす」だとか「ベスト4」だとか、あれはいったい何だったのかと思わなくもありませんが、個人的には「この日のための壮大な煙幕だった」と思い込むことにします。

・双方良く言えば慎重、悪く言えば腰が引けまくって攻撃が全く体をなさない、当事者以外には非常に退屈だったであろう前半。全くといっていいほど得点力がない日本にとっては、第三者が試合内容をクソミソに貶そうとも非常に理想的な展開。

・0-0で前半折り返しでも日本にとってはなんら差し支えなかったのですが、右サイドでボールをキープした松井が一人交わしてクロス→エリア内中央で大久保が囮になり、ファーでどフリーの本田が落ち着いてゴール!!!と日本が最初のチャンスをものの見事に決めてまさかまさかの先制!

・後半立ち上がりにエトーの突破を許すも、シュートは枠外。

・カメルーンは引いてスペースを消して守る日本守備陣に苦戦して、最後までトップにまともにボールが入らない。エトーもほとんど前を向けず、結局のところやばかったのは終盤ミドルシュートがクロスバーを叩いた場面だけ。

・最後のパワープレーも落ち着いて跳ね返してまんまと逃げ切り。相手がパワーブレーに出てくるとどうしても豪州戦の悪夢が脳裏をよぎってしまいますが、あの日のドタバタ感がなかったのは日本もそれなりに成長している証しなんでしょう。

・日本の後半のチャンスは長谷部のミドルシュートだけで、面白くはりませんでしたがが気持ちが入っていた良い試合でした。

-----本田-----
大久保-------松井
--遠藤-阿部-長谷部-
長友-闘莉王-中澤-駒野
-----川島-----

69分:松井→岡崎
82分:大久保→矢野
88分:長谷部→稲本

・小破した今野が結局間に合わなかったくらいでスタメンは事前予想通り。アジア予選では不動の主軸だった守備に難がある中村俊と内田とばっさり斬り、ボールを奪う位置が深くなる分最前線でのボールキープが必要なため岡崎すらばっさり斬ってしまう岡田。2年以上にわたって築き上げた何かを全部ちゃぶ台返しにした岡田の策が見事に嵌りました。

・そして点を取ることは全く期待されていない悲運のFW矢野をクローザーとして投入。

長谷部:「監督、大久保がもう動きません!」
岡田こんなこともあろうかと、矢野を用意しておいたのだ!!!」

|

« 【TV短感】オランダ 2-0 デンマーク | トップページ | 仙台2010(2):牛たん&大崎八幡宮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48633512

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】日本 1-0 カメルーン:

» 【TV観戦記】オランダ 1-0 日本 [浦和御殿]
 中断期間中恒例の「強化合宿」に出かけていたのですっかり亀になってしまいましたが [続きを読む]

受信: 2010.06.21 18:45

« 【TV短感】オランダ 2-0 デンマーク | トップページ | 仙台2010(2):牛たん&大崎八幡宮 »