« 東舞鶴(上) | トップページ | 【TV短感】ドイツ 4-1 イングランド »

2010.06.29

【TV短感】ブラジル 3-0 チリ

・チリは一貫して攻撃的な姿勢でブラジルに臨んだものの、全くといっていいほど手も足も出ず。セットプレーで先制されてからは常にブラジルのカウンターの脅威に晒され続け、終わってみれば3失点の大敗。

・チリのサッカー、というよりはビエルサのサッカーは同格相手だと見ていて痛快なんですが、ブラジルクラスになるとそうたやすくは攻めさせてもらえず、3-4-3の尻の軽さばかりが目立つ格好。南米予選を2位で通過したものの、ブラジルにはホーム・アウェーとも大敗しており、本大会でも同じような結果になってしまいました。

・今大会のブラジルはとにかく守備が堅い。ブラジルが4×2のブロックで組織的に守備を固めるって半ば「反則」だろうと思うんですが(苦笑)、チリはエリア近くまでボールをつなぐのが精一杯。ラストパスは悉くブラジルの守備網に引っ掻かってシュートを撃たせてもらえず。

・高さがないチリは案の定、CKでファンをフリーにしてしまって失点。こうなるとブラジルはより一層守備意識を高めてカウンター狙い。ブラジルとあろうものが「反則中の反則」を繰り出すとはいかがなものかと思いますが(苦笑)、ルイス・ファビアーニョ、ロビーニョ、カカーの3人が織りなすカウンターの実に綺麗なこと。カカー→ルイス・ファビアーニョで前半のうちに追加点。

・こうなるとチリに勝ち目は全くなく、ビエルサが次々と攻撃的な選手を投入するも何の効き目もなし。後半はぽっかり空いた中盤をラミレスがスルスルっとドリブルで駆け上がり、ラストパスを受けたロビーニョがきっちり決めてブラジルがダメ押し。

・ビエルサ的には結果は惨敗だったけれども、やりたいことをやった結果だから別に悔いはないのかなぁ・・・

・一方、スタイルが欧州の強豪国となんら変わらなくなってしまったブラジル。滅茶苦茶強いのは見ての通りなんだけれど、「一歩間違えると奈落の底なんだけれども、そうやすやすとは落ちない」みたいな微妙な危うさを秘めた華麗さがないブラジルっちゅーのは正直つまらん。準々決勝でオランダを破れば決勝まで進むのはほぼ確実でしょうが、これからは気分的に「アンチ・ブラジル」モードで観戦します。

|

« 東舞鶴(上) | トップページ | 【TV短感】ドイツ 4-1 イングランド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48747958

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】ブラジル 3-0 チリ:

« 東舞鶴(上) | トップページ | 【TV短感】ドイツ 4-1 イングランド »