« 【本】サッカーの見方は1日で変えられる(木崎伸也) | トップページ | 【TV短感】オランダ 2-1 ブラジル »

2010.07.02

ぶらり@日暮里(2)

 日暮里駅南口から徒歩3分ほど。東へ階段を下りて右折。通りから奥まったところにあるので店自体は判りにくいのが難ですが、通りに幟や案内板が出ています。平日夕に往訪。往訪は3度目ですが、2度目は2階で飲んで終ってしまいました(苦笑)

Burari1005_03

 先客ゼロ、後客5。先客が一人いると思ったのですが、それは夕食代わりにらーめんを食べている2階の係の人でした(笑)

 1階がラーメン専門、2階が17時から居酒屋。もちろん1階に入店。先客6、後客4。

 中は5席ほどの小さなカウンターと小さめのテーブルが3卓。かなり照明を落とした肝心の店内。前回は「鶏そば(680円)」だったので、今回は「鶏白湯らーめん(780円)」を注文。

 厨房内には作り手の兄ちゃんとアシスタントの女性の2人体制。

Burari1005_01

 「鶏そば」同様、多角錐型で背が高めの丼で出てきました。

Burari1005_00

 少々トロ味のついたスープで鶏の旨味がぎゅっと濃縮された感じ。この出汁の美味さを消さないように塩は控えめ。最後まで飽きずに楽しめました。

Burari1005_02

 三河屋製麺製の麺は、「鶏そば」の細麺とは対照的に中太平打ち麺。口当たりはつるつるっとしていますが、それほど堅さは感じないものの結構噛みごたえがあります。スープの絡みもいたって良好。

 具は鶏のチャーシューが2枚と白髪ネギ、糸唐辛子、山くらげ(見た目は山菜のように見えますが、ちょっとこりこりした食感が楽しい)。値段の割りに具が寂しい感じがしますが、スープの美味さに免じて不問ということで。

|

« 【本】サッカーの見方は1日で変えられる(木崎伸也) | トップページ | 【TV短感】オランダ 2-1 ブラジル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48480170

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり@日暮里(2):

« 【本】サッカーの見方は1日で変えられる(木崎伸也) | トップページ | 【TV短感】オランダ 2-1 ブラジル »