« G大阪2010(2):唐招提寺 | トップページ | 【展望】10年第15節京都戦 »

2010.07.27

【閉店】ラーメンジャック@西川口

 西川口駅西口から駅前通を直進してすぐ。斜向かいに「ひろや」。平日昼に往訪。先客ゼロ、後客2。当初は蕨の「貴里純」に行く予定でしたが定休日(火)にぶち当たってしまい、近所で未訪だったこちらへ転進。

Jack1006_05

 もともとこの店は「野郎ラーメン」として開店していましたが、赤羽や川口「大ふく屋」と同じくフランチャイズ先とのトラブルに伴っていったん閉店。屋号を「ラーメンジャック」に変えて同じ「二郎パクリ系」として再開店したもの。

Jack1006_00

 この手のラーメンは最小スペックじゃないと食いきれないので、券売機で「弱苦醤油(680円)」を注文。ランチタイムは半ライスないし麺大盛が無料とのことなので半ライスをつけてもらいました。「味噌」や「辛味噌」「まぜそば」といったメニューも用意。麺の堅さや脂の多寡等オプションについては特に聞かれず。っちゅーか、野菜マシは有料なんですな、ここは。

Jack1006_01

 店内はかなり奥行きがあり、しかもテーブル席主体。4人掛けテーブルが7卓ほどとL字型カウンターが8席。それほどのキャパがありながらもスタッフはオヤジと女性アシスタントのわずか2人。麺を茹でている間にオヤジはせっせと炒め物。まぁ場所柄昼間の客入りは良かろうはずがありませんが。

Jack1006_03

 野菜マシにしなかったので、ビジュアル的なボリューム感はありません。麺の上に炒めたキャベツとモヤシ、そして脂身がやたら目立ってがっかり感満点のチャーシューがごろごろしています。

Jack1006_04

 神田の「野郎ラーメン」を食べたときにも感じましたが、この系統はかえしが弱く、出汁の旨味もイマイチな気がします。またこの店は脂も少なめで総じてがっつり感に乏しく、見た目は二郎っぽいけれども内実はライト二郎とすらいえないような・・・

 麺は極太縮れ麺。堅めの茹で上がりで噛み応え十分。麺は評価に値しますがスープとチャーシューがどうも・・・

 とはいえ、西川口周辺にはこれといったラーメン屋がなく、しかもこの付近で「二郎パクリ系」を出す店は蕨の「大」くらいしかないのでこのレベルでもなんとかやってゆけるかも。最大のリスクは風俗店が壊滅して西川口全体に集客力がなくなっていることだと思いますが。

|

« G大阪2010(2):唐招提寺 | トップページ | 【展望】10年第15節京都戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48693284

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】ラーメンジャック@西川口:

« G大阪2010(2):唐招提寺 | トップページ | 【展望】10年第15節京都戦 »