« 【展望】10年第13節 G大阪戦 | トップページ | 【観戦記】10年13節:G大阪 3-2 浦和 »

2010.07.18

【TV短感】鹿島 2-1 川崎

中断期間中に主力選手が海外に移籍した両チーム。その影響に注目しながら試合を見ていましたが、影響が甚大だったのはやはり川崎のほうでした。

もともとカウンターに持ち味がある川崎ですが、ジュニーニョを欠き、チョン・テセを失った今となってはカウンターに迫力がありません。レナチーニョの個人能力は数段格落ちで独力で点を取れるほどでもなさげ。前目がボールを失うのを恐れてか、稲本退場で数的不利に陥る以前からカウンターの好機に頭数が足りない場面もしばしば。

GK川島離脱のほうはこの試合では致命的なものにはならず。ミドルシュートを真正面にこぼして、こぼれ玉を大迫にぶちこまれそうになった場面くらいかな?

鹿島のほうは新井場が右SBに回って内田の穴を埋め、開いた左SBにジウトンを入れましたが、ジウトンの裏を徹底的に川崎に狙われていました。川崎の得点は縦パス一本で黒津にそこを突かせたところから。黒津にあっさり交わされるイ・ジョンスもアレですが・・・ また攻撃大好きのジウトンとのバランスを取るためか、新井場の攻撃参加はほとんど見られず。数的優位に立ったにも関わらず鹿島はチャンスらしいチャンスが作れないのは内田の離脱が響いているんでしょうな、それなりに。

両者とも序盤から試合運びは積極的でしたが、退場者が出てからはドン引きの川崎を鹿島が攻め倦む展開になってしまって少々退屈。そんな試合でもCK→イ・ジョンスの一発で勝ってしまう鹿島。途中投入の遠藤に代えて青木を入れて守備固めという非情采配を繰り出すオリベイラ。相変わらず「堅実といえば堅実だが、つまらないといえばつまらない試合で勝利だけはきっちりもぎ取る」実に鹿島らしい試合でした。

|

« 【展望】10年第13節 G大阪戦 | トップページ | 【観戦記】10年13節:G大阪 3-2 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48904232

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】鹿島 2-1 川崎:

« 【展望】10年第13節 G大阪戦 | トップページ | 【観戦記】10年13節:G大阪 3-2 浦和 »