« ぶらり@日暮里(2) | トップページ | 彩たまや@川口 »

2010.07.03

【TV短感】オランダ 2-1 ブラジル

前半早い時間帯にブラジルが先制。その後やや引き気味に守るブラジル守備陣の前にオランダは手も足も出ないどころか、絶えずブラジルの縦に早い攻めに脅かされ続けるという展開に。どう見てもブラジル必勝と思ったのですが、チャンスらしいチャンスを掴めなかったオランダが後半セットプレー2発で逆転。

とはいえ、まだ時間はかなり残っていたのでブラジルには自然体でも同点に追いつけるだけの力が残っていたと思いますが、なんとなんとフェリペ・メロがロッベンを踏んづけて一発退場! 伝統国らしくない慌てっぷりというか、粘りがないというか、逆転されてからのブラジルは「勝利至上主義」を掲げて本大会に臨んだ割には実にあっさり土俵を割ってしまいました。

逆転負けを喫してしまいましたが、後半途中までのブラジルの攻守の切り替えの早さ、離合集散の早さには驚くばかり。ロッベンへのサポートが遅いオランダが手も足も出ないのは当たり前。本大会のブラジルの出来はブラジルじゃなかったら大絶賛でしょうなぁ・・・

でも、勝利に加えて内容というか華麗さが求められるのがブラジルの辛さ。「勝利至上主義」を掲げ、「つまらん、つまらん」と国内外から批判を浴びながらも勝ち続けることで批判を封じてきたドゥンガ監督ですが、前回大会に続いてベスト8で敗退となるとその後は凄まじく叩かれるんでしょうなぁ・・・

そしてドゥンガと並んで間違いなく血祭りに上げられるフェリペ・メロ。1アシスト、1オウンゴール、1退場でこの試合一人お祭り状態。

前半フェリペ・メロの深めの位置からのスルーパスを受けて2列目からオランダDFライン裏に飛び出したロビーニョが先制。縦パス一本でオランダ守備陣を無力にした妙技!

後半はスナイデルのハイクロスに対してオウンゴール。これは飛び出してきたGKとの連携ミスなんでしょうなぁ・・・

そしてそれからさほど時間を置かずに一発退場。西村主審に現場をしっかり見られているので誰も文句の言いようがなく、そそくさと退出。ぽっと出の若造じゃあるまいし、何をやってんだか・・・

オランダはさほど守備力が高くないとはいえ、数的不利に陥ったブラジルの攻撃を凌ぐくらいは朝飯前で、何度かカウンターをちらつかせながら悠々逃げ切り。終盤ファン・ペルシの代わりに投入されたフンテラールのあんまりな出来にファン・マルバイク監督は激怒しているかもしれませんが。

戦前はこの試合で勝ったほうが決勝まで進むだろうと思っていましたが、オランダは勝ったとはいえ内容はぱっとせず。1トップのファン・ペルシは全く切れがなく、ボールはキープできず、満足にシュートも撃てず。最前線にボールが収まらないせいか、攻撃陣にスピードを持った連動性が感じられず、ロッベンなりスナイデルなりが一人でなんとか局面打開を図っている印象。

出場停止者もいるので準決勝は相当苦戦するかもと思ったんですが、その後のウルグアイvsガーナのぐだぐだ模様を見ると、この内容でもオランダが勝っちゃうんだろうな・・・ 

|

« ぶらり@日暮里(2) | トップページ | 彩たまや@川口 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48782880

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】オランダ 2-1 ブラジル:

« ぶらり@日暮里(2) | トップページ | 彩たまや@川口 »