« 青森温泉三昧(5):酸ヶ湯温泉 | トップページ | 青森温泉三昧(6):くどうラーメン »

2010.07.12

【TV短感】オランダ 0-1 スペイン

・決勝らしいロースコアの決着になりましたが、ある意味決勝らしい「リスク避けまくり、腰が引けまくり」な試合にはならず、お互いの積極性が出た文句なしの好ゲームでした。延長後半になってこぼれ球を拾ったセスク→イニエスタのゴールでスペイン初優勝。内容を伴った勝利で、詰まらない試合で勝ちを拾い続けたオランダらしくないオランダに見事に引導を渡してくれました。

・拮抗した展開が続く中で、後半ロッベンがGKとの1対1を決めていればもちろんオランダ優勝の目もありましたがそれを決められず。終盤になって双方中盤がスカスカになってから地力の差が出たような感じ。 

・スペインvsオランダというよりはバルセロナvsロッベンみたいな試合。オランダは引きこもって自滅したドイツの轍は踏まず、積極的に前に出てスペインの細かいパス回しを許さず。もっともラフプレーも相当あって、早い時間帯に退場者が出ても不思議はなかった(特にヨングの足裏キックは相当やばかった!)だけ、好守といっていいかどうかは紙一重でしたが、ともかくもこの守備が試合を引きしまったものにしました。

・一方オランダの攻撃はとなると、完全に「ロッベン頼みの○サッカー」。ファン・ペルシは相変わらずなんにもやっとらんし、スナイデルもこの日は精彩を欠いていたような・・・ ロッベンの消耗と共にオランダの攻撃は行き詰まり、延長後半になってついにオランダに退場者が出たとなると、オランダの勝ち目はPK戦しかなかったかも。

・また選手交代もはっきりと明暗を分けました。スペインは後半右SHペドロ→ナバスの交代が見事に奏功してオランダ左サイドで徐々に攻勢。さらにシャビ・アロンソ→セスクの交代で完全に中盤で優位に立ち、セスクが決勝点に絡む大活躍。一方オランダは左SHカイトに代えてエリアを投入するも、これが完全に不発。エリアは攻撃には絡めず、守備の穴を広げていただけのような・・・ 終盤になってスペインがテンポ良くパスを回しはじめるとオランダはもうあきまへん。

・結局、スペインの決勝Tは全部1-0。スコアだけ見れば「まるでイタリア」。自陣を固めてカウンター一発に賭けようが、圧倒的にボールを支配して攻めに出ようが、結果において大差がないっちゅーのがサッカーの奥深さ(笑) でも「見ていて楽しい」という意味で良質のサッカーに結果が付いてきたのは実に喜ばしいものです。

|

« 青森温泉三昧(5):酸ヶ湯温泉 | トップページ | 青森温泉三昧(6):くどうラーメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48857805

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】オランダ 0-1 スペイン:

« 青森温泉三昧(5):酸ヶ湯温泉 | トップページ | 青森温泉三昧(6):くどうラーメン »