« 花言葉 | トップページ | 青森温泉三昧(3):谷地温泉 »

2010.07.08

【TV短感】ドイツ 0-1 スペイン

・うーん、なんだかこれまでの闘いぶりと打って変わってドイツは非常に守備的。それはそれで一つの手なんですが、守れてはいるものの攻め手が全く見出せず。90分を通じてドイツの決定機は後半クロースがエリア内右角でフリーでシュートを放ったくらい。イングランド、アルゼンチンを大差で撃破した勢いはどこへやら。

・スペインにボールを持たせてカウンターに徹したつもりなんでしょうが、今大会のドイツの出来からすれば相手をリスペクトしすぎたような・・・ スペインにサイド奥深くまでは攻めさせて最終ライン中央で跳ね返す狙いは徹底していましたが、深い位置でボールを奪ってから攻めに出ても中盤でのスペインの素早い潰しによって人数をかけた攻撃はできず。中盤のビルドアップが全然できないのでロングボールに頼る場面が目立ちました。

・ミュラーの出場停止が響いたのか、エジルが中盤でボールを持ってもそれをサポートする動きが乏しかったような・・・

・決勝点は後方から飛び込んできたプジョルが豪快にCKを叩きこんだもの。高さでは分が悪いスペインが非常に単純な形でセットプレーを決めるというのは意外でしたが、ドイツは全くといっていいほど攻めの形ができませんでしたからこの1点でほぼ勝負あり。1点ビハインドのドイツは先祖がえりしたかのようにパワープレー頼みになってしまって誠にがっかり。

・デルボスケ監督はこの期に及んでようやくトーレスをスタメンから除外。中央が堅いドイツを前に1トップのビジャにボールが入ることはあまりありませんでしたが、ボール回しは明らかに準々決勝以前と比べてマシになりました。後半10分過ぎに立て続けにチャンスがあり、そこで1点入っていれば文句なくスペイン完勝でしたが。

・決勝はオランダvsスペイン。準決勝の試合内容を見る限りスペインに勝ってもらいたいところですが、つまらない内容でも勝ってしまうのが今大会のオランダですからねぇ・・・

|

« 花言葉 | トップページ | 青森温泉三昧(3):谷地温泉 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48824536

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】ドイツ 0-1 スペイン:

« 花言葉 | トップページ | 青森温泉三昧(3):谷地温泉 »