« 青森温泉三昧(2):猿倉温泉 | トップページ | 花言葉 »

2010.07.07

【TV短感】ウルグアイ 2-3 オランダ

・総じて退屈な試合。終盤ウルグアイがFKで1点返して1点差に迫ってから、遮二無二放り込むウルグアイとひたすら跳ね返すオランダの攻防に見応えがあったくらい。

・退屈に感じたのはオランダの不出来によるところが大きいんでしょうな、やっぱり。引いて守るウルグアイに対してオランダが一方的にボールをキープしているものの、攻め手らしい攻め手を見いだせず。ジオのスーペルなミドルシュートが決まってオランダが先制するも、フォルランのこれまた豪快な一発で追いつかれ、そこから試合は膠着状態。

・だいたい同じ中3日の試合で、ウルグアイは準々決勝でPK戦まで闘っているのにウルグアイのほうが動きが良いってどういうこっちゃねん???オランダはそもそもトップにボールが入らない上に、中盤の動きが悪くて(トップにボールが収まらないので動くに動けないっちゅーのもあるでしょうが)攻めの人数も足りず。ファン・ペルシはF・トーレスほどではないとはいえ、1トップとしてはかなり寂しい出来。

・一方ウルグアイは出場停止でスアレスを欠きながらも、例によってボールを奪ってからの縦に早い攻めでオランダゴールを脅かすことしばしば。

・試合はどう見てもウルグアイペースでしたが、後半20分過ぎにようやく前に人数を掛けた攻撃が嵌ってオランダが2得点。もっともファン・ペルシのポストプレー→スナイデルのゴールはファンペルシがオフサイドを取られても不思議はなくちょっと怪しげ。2点目のカイトからのクロス→ロッベンは見事でしたが。

・結局のところブラジル戦同様、ここぞという時に畳み掛けるように2点取ってオランダが逃げ切りに成功しましたが、オランダへの期待値が高いこともあってお世辞にも面白い試合とは言えず。この内容では優勝したところで人々の記憶には残らないでしょうなぁ・・・ 「トータルフットボール」による準優勝が未だに絶賛されるのとは真逆になりますが。

|

« 青森温泉三昧(2):猿倉温泉 | トップページ | 花言葉 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48816603

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】ウルグアイ 2-3 オランダ:

« 青森温泉三昧(2):猿倉温泉 | トップページ | 花言葉 »