« 【観戦記】10年第19節:浦和 1-1 仙台 | トップページ | 花巻温泉巡り(3):大沢温泉 »

2010.08.18

【閉店】立教通りのにぼきゅう@池袋

 屋号通り池袋・立教通り沿いに店舗を構えていますが、立教大学及びそれに隣接する立教小学校のさらに先なので池袋駅・JR改札口からだと10分以上かかりました。もはや要町からのほうが近いくらい。土曜昼に往訪。先客2、後客1。店員との会話から察していずれも常連風。

20100724no009

 店内はL字型カウンター10席ほど。入口脇に小さめの券売機。「煮干しそば専門店」を名乗る通り「煮干しそば」がボタンの先頭にありましたが、あまりにも暑くて心が萎えてしまい、「つけそば(800円)」を注文。「大盛(900円)」にしようと思って店員に聞いたところ450gあるとのことで怯んでしまい、並(300g)に。

 他に「体に悪い油そば」を売り物にしている他、限定で「冷し」も出しているようです。

 場所柄立教大生を優遇していて、学生証を見せると半ライスか味玉1/2がサービスとのこと。でも、それくらいのサービスはランチタイムなら客全員にやるのが普通じゃないのかと・・・

20100724no005

 つれだれはくそでかい器で出てきましたが、これって煮干しそばの器そのものじゃないのかなぁ?

20100724no004

 表面に刻み海苔や細かい揚げ玉が大量に浮かんでいるのはともかく、魚の臭みが漂ってくるのが気になります。少々脂が浮いている風ではありますが、つけだれには粘度が無くてあっさり目の仕上がり。中に角切りのチャーシューや太目のメンマがゴロゴロ。

20100724no002

 麺は幅広の平打ち麺。麺に黒っぽい粒粒が見えますが煮干しを練りこんであるのかなぁ?見た目だけで、味わい上は意味のない凝り方だと思ったけど。 

 きしめんに良く似たつるつる、ぴろぴろっとした食感。つけだれはさっと絡む程度で煮干しの味わいよりはかえしの酸味のほうが強く出ている気がしました。

20100724no006

 なお幅広とはいえ麺に厚みがないのにやたら茹で時間がかかるのは不思議。「冷し」を頼んだ後客に追い越されてしまいました。

 悪くはありませんが、煮干しを味わいたいならやはり「煮干しそば」にすべきだったでしょうな。

|

« 【観戦記】10年第19節:浦和 1-1 仙台 | トップページ | 花巻温泉巡り(3):大沢温泉 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/48961148

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】立教通りのにぼきゅう@池袋:

« 【観戦記】10年第19節:浦和 1-1 仙台 | トップページ | 花巻温泉巡り(3):大沢温泉 »