« 【観戦記】10年第13節:浦和 3-0 新潟 | トップページ | 能登・金沢の城巡り(1):焼さば寿し »

2010.09.27

麺や葵 日暮里駅前店@日暮里

 日暮里駅東口に3棟建っている高層ビルのうち、もっとも線路寄りの「ポートタワー」3F。平日夜に往訪。先客2、後客ゼロ。

Aoi1009_02

 飲食店にしては非常に不自然な外観(特にドア!)。ビルテナントもマッサージ屋だとか、美容室だとか、居酒屋だとかフロア毎の統一性もへったくれもなく、入居希望者を適当に詰め込みました!てな感じで、このビル自体の前途を案じざるを得ません。

 3Fに位置しているのも関わらず入口がビル外側を向いている(ビル内側のドアは出口専用)のも不思議でしたが、エスカレーターで1Fから上って来る人より、舎人ライナーの日暮里駅から渡り廊下を伝って直接3Fに入ってくる人のほうが多いという算段なのかな?

 入口脇の券売機で「濃厚中華そば(800円)」を注文。もちろんここはつけ麺が売り物の店であることは承知の上。他に「辛つけ麺」「辛中華そば」「まぜそば」といったメニューも。

 店内はL字型カウンター10席と2人掛けテーブル3卓。厨房内にはオヤジと若者の2人。

Aoi1009_00

 典型的な動物&魚介系で粘度高めの濃厚スープで、やや動物系が強めに出ている感がありますがくどくなる寸前でうまくまとめています。途中で海苔の上にのっかっている魚粉を混ぜてみましたが、これは正直蛇足かな? 濃厚なりにバランスが取れていたのが、味が重なりすぎて重いというかくどいというか、そんな感じに。

Aoi1009_01

 麺はつけ麺とは異なり、中太ストレート。食感にこれといった特色は感じませんでしたが、濃厚スープに負けることなく最後まで楽しめました。

 本店でつけ麺を食べた時はチャーシューがやたらしょっぱくて参りましたが、今回のは堅さといい、味付けといい、良い意味で中庸。他にメンマ、海苔、刻みネギ。

 少々値段が高い上に、「つけ麺(780円)」よりも高価なのは解せませんが、濃厚魚介系で、しかもそのベースを生かしたままでそれなりにきちんとした中華そばが出てくる点は評価できます。

|

« 【観戦記】10年第13節:浦和 3-0 新潟 | トップページ | 能登・金沢の城巡り(1):焼さば寿し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/49550481

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や葵 日暮里駅前店@日暮里:

« 【観戦記】10年第13節:浦和 3-0 新潟 | トップページ | 能登・金沢の城巡り(1):焼さば寿し »