« 能登・金沢の城巡り(1):焼さば寿し | トップページ | 能登・金沢の城巡り(2):七尾城 »

2010.09.28

香味徳@銀座1丁目

 銀座1丁目といっても昭和通りに近く、かなり街外れの感。平日夜に往訪。先客1、後客ゼロ。屋号は「かみとく」と読みます。

Kamitoku1009_05

 券売機で「香味徳らーめん(700円)」を注文。他に醤油らーめん、つけ麺など。場所柄ランチメニューに力を入れています。

Kamitoku1009_04

 カウンター10席くらいのやたら奥行きが深い店内では、日本語の怪しい店員が接客・配膳から調理まで一人で切り盛り。トッピング無料券で「大盛り、メンマ、ネギ、玉子」のいずれが一つがサービスとの案内が出ていましたが、トッピング無料券を出してもいないのにいずれか一品をつけてくれるとのことなので玉子を注文。そのサービスはありがたいんですが、店内ガラガラなのに戸口近くの席に水コップを置いて案内するっちゅーのはどうなのかな?

Kamitoku1009_00

 白亜の深めな丼で出てきました。

Kamitoku1009_01

Kamitoku1009_02

 黒胡椒ーが無造作にとしか言いようがない感じで散りばめられ、黄金のスープと玉子、水菜などが織り成すせっかくのビジュアルを著しく損ねています。牛骨の清湯スープが売り物のようですが、黒胡椒が強すぎて出汁の味は判然とせず、牛骨と言われないとまず判らないでしょうなぁ・・・ 表面の脂も多めでぱっと見は塩らーめんのように見えますが、わずかに茶色がかってしてかえしになにがしかの醤油を使っているのでしょう。

Kamitoku1009_03

 麺は細めで緩い縮れ入り。やや柔らか目の茹で具合で個人的には好みではありませんが、つるつるとした食感で、しかもスープとの相性は良好。

 チャーシューは縁に焦げ目がついている割には全体に柔らか目。玉子はデフォルトで半個入っているので、あえてもう一個つける必要はなかったなぁ・・・

 鳥取で人気のある店が満を持して今夏に銀座へ進出してきたみたいですが、店員の件といい、開店時から早くも50円値下げを強いられていることといい、東京の厳しい現実に早々と打ち砕かれているような様子が見え隠れ・・・

|

« 能登・金沢の城巡り(1):焼さば寿し | トップページ | 能登・金沢の城巡り(2):七尾城 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/49478048

この記事へのトラックバック一覧です: 香味徳@銀座1丁目:

» 香味徳@高田馬場 [浦和御殿]
 高田馬場駅から早稲田通りを西へ。郵便局どころか、「純連」「ぼたん」「くるり」な [続きを読む]

受信: 2013.09.13 18:45

« 能登・金沢の城巡り(1):焼さば寿し | トップページ | 能登・金沢の城巡り(2):七尾城 »