« 別所温泉(1) | トップページ | 【閉店】でびっと@新お茶の水 »

2010.10.10

【閉店】IPPUDO TAO TOKYO@東銀座

 東銀座駅A2出口から京橋方向へ入る。「元楽」「銀座ラーメン」「矢場とん」などがある通りの並び。平日夜の往訪。

Tao1010_04

 一風堂グループの新店ですが、TAOとは新進気鋭のラーメン店主田尾氏とかそういう意味じゃなくて、和太鼓グループとのコラボとのこと。店内にもそれらしき映像が流れていますが、単にラーメンを食べにきた客にとっては意味不明なコラボですな。

 店員がいそいそと注文を取りに来て、「TAO・黒(850円)」を麺堅めで注文。他に辛味噌入りの「TAO・赤」やノーマルとんこつの「TAO・白」も。

Tao1010_00

 店内はカウンターのみ。但し8人掛けないし6人掛けの島式カウンターが3卓と、厨房沿いにカウンター10席ほどと巨大なキャパを誇っています。もっとも入った時間帯が良くなかったか、先客5、後客2と客足は寂しい限りで、何人もいるスタッフも暇そう。暇すぎるためか、カウンターに置かれたお茶だとか、辛もやしだとかの補充もなされておらず。

Tao1010_01

 半球に近い、随分と大きな丼で出てきました。もっとも丼の足でかなり嵩上げされてもいますが。

Tao1010_02

 とんこつスープの白に香油の黒、辛味の赤、そしてネギの緑が映えてビジュアルは誠にご立派! ただベースとなるとんこつはかなりライトで、くっさい濃厚豚骨に慣れると物足りないのも確か。香味や辛味をちびちび溶きながら味の変化を楽しんでは見ましたが、辛味の効果はほとんど感じられず、また見た目とは裏腹に渋味はほとんどなく、むしろ甘味が増したような気がしました。

Tao1010_03

 麺は平打ち。つるつるとした食感でスープとの相性も良好ですが、丼が大きめで茹で上がりにそれなりに時間がかかる(従って平打ち麺の替玉はなく、細麺のみ)にも関わらず、麺の量は多いとは言いがたいような・・・

 具はペラペラのチャーシューが数枚ときくらげ、刻みネギ。

 総じて味自体は悪くないんだけど、一風堂伝統の「コストパフォーマンスの悪さ」が目立ちました。銀座はあまり美味いラーメン屋がないので、また来るかもしれませんが・・・

|

« 別所温泉(1) | トップページ | 【閉店】でびっと@新お茶の水 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/49648875

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】IPPUDO TAO TOKYO@東銀座:

« 別所温泉(1) | トップページ | 【閉店】でびっと@新お茶の水 »