« 【閉店】小樽 あっぱれ亭@池袋 | トップページ | 【閉店】IPPUDO TAO TOKYO@東銀座 »

2010.10.10

別所温泉(1)

首都圏外にも関わらず日帰りで簡単に行ける温泉の中でお気に入りの一つ。それが信州上田郊外の別所温泉です。

大宮 6:50 (あさま501号 E226-320) 7:51 上田

Bessyo101

「峠の釜めし」で有名な「おぎのや」が上田に駅そば屋を出しています。上田駅といっても上田電鉄への乗り換え口に位置しているので、新幹線で上田にやってきてそのまま表口に出てしまうと気づかないでしょう。

Bessyo103

メニューを見ると都内の立ち食い蕎麦屋よりちょっと高い感じ。しかもなんと定番の「天ぷら」が売り切れ。9時ごろ来るといっていたので「釜飯」と同時に補充するのかもしれませんが、やむなく「山菜そば(400円)」を注文。

ここは生そばが売り物で、確かに立ち食い蕎麦屋では当たり前に利用される茹で麺と比べるとやや茹で時間が長い。田舎の時間の流れならこれでもいいんでしょうけど、首都圏の駅そば屋では採用しづらいでしょうな。

Bessyo102

確かに「山菜そば」だがワカメも入っています。さらに天かすをおまけしてくれました。蕎麦の風味を感じるところまでは至らないけれど、つなぎの粉っぽさがなくて立ち食い蕎麦屋の割にはつるつると美味くて、それなりに満足しました。つゆは関東風ながらやや薄め。

Bessyo100

暑くも寒くもなく、長距離歩行が全く苦にならない季節になので、塩田平の秋を楽しみながら別所温泉まで約10kmを歩いてみました。8時20分から歩き始めて10時過ぎに別所温泉駅着。

上田駅を出るをすぐに千曲川を渡ります。上田は千曲川の河岸段丘上に広がった旧城下町。

Bessyo104

上田は旧城下町ゆえ道路が狭くて車社会には向かず、大型店は千曲川の南に建つ傾向にあるようですが、歩く分にはどこにでもある郊外の風景が広がるばかりで面白くともなんともありません。

Bessyo105

途中で見かけた石材屋にはウルトラマン。

08

09

1時間以上歩くとようやく田舎の秋らしい風景に。

Bessyo108

別所温泉に近づくとやや坂が急になります。「わて、もう登れまへんねん」といわんばかりに、温泉街までやや距離を残したところにある別所温泉駅。

Bessyo106

別所温泉駅近くに、いつの間にか大型日帰り温泉施設「あいぞめの湯」が出来ていました。もともと上田市の「社会福祉センター兼立ち寄り湯」みたいな形で利用されていた「相染閣」をリニューアルしたもの。

Bessyo107

別所温泉駅脇に留め置かれている上田交通モハ5250形電車、通称「丸窓電車」。ドアの戸袋の窓が丸く繰り抜かれているのが特徴で、上田交通のシンボル。

|

« 【閉店】小樽 あっぱれ亭@池袋 | トップページ | 【閉店】IPPUDO TAO TOKYO@東銀座 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/49340124

この記事へのトラックバック一覧です: 別所温泉(1):

» 別所温泉(2) [浦和御殿]
(別所温泉(1)から続く) 駅から緩い坂を上り詰めたところに建つ「大湯」。この地 [続きを読む]

受信: 2010.10.14 12:09

« 【閉店】小樽 あっぱれ亭@池袋 | トップページ | 【閉店】IPPUDO TAO TOKYO@東銀座 »