« 川口家@川口 | トップページ | 【閉店】美豚@川口 »

2010.10.13

【TV観戦記】韓国 0-0 日本

・宿敵韓国に対し、アウェーでがっぷり四つの闘いを挑んだ日本。駒野が序盤で負傷交代、しかも重傷を負うアクシデントがあったのは残念でしたが、試合内容は全くの互角で、実に見ごたえのあるスコアレスドローでした。

・岡田政権末期、5月に対戦した時は韓国に中盤を完全に制圧されて完敗(あの惨敗で岡田監督が方針を大転換したのが結果的に吉と出ましたが・・・)しましたが、ザッケローニは代表監督に就任してわずか2試合目にも関わらず、守備網の再構築に成功。韓国の得点機は後半日本右サイドからのクロス→ヘディングシュートがGK西川の正面だった1回きり。

・栗原&今野はDFラインを極力高く保ってコンパクトな陣形を維持。中盤では長谷部がフィジカルの強さを発揮して攻守に奮闘。コンディション不良とはいえアルゼンチンを完封した守備網はこの日もほとんど綻ぶことなし。さすがに後半半ばあたりから押し込まれ気味になり、韓国のセットプレーが続いた時は気持ち悪さを覚えました(西川はハイボールへの対応がイマイチなんだよなぁ・・・)が、韓国もそのチャンスを生かせず。

・一方攻撃のほうはまだまだ。本田のミドルシュートが2、3本(終盤ぼビッグチャンスではどフリーの前田に出すべきでは?)、長谷部が絶好機で宇宙開発、そして韓国のエリア内でのハンドを見逃し?といった場面もありましたが、日本も韓国守備陣を崩しきるには至らず。

・森本に代えて1トップで起用された前田は2列目とのコンビネーションが出来ておらず、ほとんどいいところなし。そのためかどうかは判りませんが、日本の攻撃はサイドに流れた本田なり、松井なりが基点となるパターンばかり。

・しかも本田、香川、松井とボールを持ちたがる選手を2列目に3人並べるのはかなり無理があったような・・・松井は南アW杯以前の最悪期に戻ってしまったかのようでしたし、香川も厳しいマークにあって何もできず。その点韓国のチェックを弾き返しまくる本田は別格でした。

・途中で出てきた選手はいずれもぱっとせず。細貝は何をやったらいいか判らんままに放り込まれた感じで空回り。4-3-3のアンカーだったようですが、動きまくる細貝はそこじゃ生きないんだがなぁ・・・

-----前田-----
香川---本田△--松井
---遠藤-長谷部---
長友-栗原--今野-駒野
-----西川-----

15分:駒野→内田
72分:香川→細貝
79分:松井→金崎
86分:遠藤→中村憲

・親善試合とはいえ、A代表の試合で阪神のパチモノみたいなマスコットが選手と共に整列って違和感ありまくり・・・

・韓国テレビ局が作成した画像をフジが垂れ流しているんでしょうけど、発煙筒を2度も放映するっちゅーのはイマドキないんじゃないかなぁ?

|

« 川口家@川口 | トップページ | 【閉店】美豚@川口 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/49728672

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】韓国 0-0 日本:

» 【TV観戦記】日本 1-1 ヨルダン [浦和御殿]
 赤サポ的には見慣れた場面の連続。最後の最後で「大作戦」を敢行して同点に追いつき [続きを読む]

受信: 2011.01.10 18:46

« 川口家@川口 | トップページ | 【閉店】美豚@川口 »