« 湖北散策(1):小谷城 | トップページ | 新潟濃厚味噌 弥彦@幡ヶ谷 »

2010.11.02

【閉店】七琉門@神田

神田駅南口から交差点を渡って、「野郎ラーメン」等へ向う道に入って最初の路地を左折。飲み屋街の一角にあるやや判りにくいところに立地。奥に「そら」あり。平日夜の往訪。屋号は「なると」と読みます。先客3、後客2。

Naruto1010_03

 メニューは「らーめん」と「つけめん」が基本。それ以外に「あえ麺」を始めた模様。入口脇の券売機で「らーめん小(650円)」を注文。らーめんは小で200g、中・大は100gずつ増えて100円増し。つけめんは小が250gで、中・大は同じく100gずつ増えて100円増し。食券を渡すといきなり「ニンニク入れますか?」と聞かれましたが、それ以外のオプション(麺の堅さ、脂、野菜等)は聞かれず。またそういうオプションがある旨の貼り紙の類もありません。

Naruto1010_05

 店内はL字型カウンター10席ほど。厨房内には若者が1人いるだけかと思ったのですが、後から女性アシスタントがやってきました。なお若者は「ぽっぽっ屋」のTシャツを着ていましたが、当店と「ぽっぽっ屋」の関係は不明。

Naruto1010_00

 外見は「二郎パクリ系」っぽいのですが、茹でモヤシを主体とする野菜の盛りが少々寂しい上に、豚しゃぶみたいな薄くて柔らかい肉を乗せているあたりに特色があります。肉の上にはなぜか一味唐辛子が少々。

Naruto1010_01

 またスープは単なる醤油とんこつではなく魚介系交じり。もっともニンニクが混ざると魚介系の味わいなんて吹き飛んでしまいますが、細かい背脂がかけられているとはいえ脂分はさほど多くはありません。かえしはやや甘め。

Naruto1010_02

 麺は浅草開化楼製の緩く縮れた平打ち太麺。歯応え、食べ応えとも十分でスープとの相性は文句なし。

 「二郎」だと思うとかなりがっかりする出来かもしれませんが、そういうのが好きは人は近隣の「野郎ラーメン」に行けばいいだけの話で、「二郎パクリ系」のように見えてかなり違うこのラーメンは結構気に入りました。

|

« 湖北散策(1):小谷城 | トップページ | 新潟濃厚味噌 弥彦@幡ヶ谷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/49806725

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】七琉門@神田:

« 湖北散策(1):小谷城 | トップページ | 新潟濃厚味噌 弥彦@幡ヶ谷 »