« 【展望】10年第33節川崎戦 | トップページ | 【観戦記】10年第33節:川崎 1-1 浦和 »

2010.11.27

○心厨房@木場

Magokoro1011_05

 木場駅から永代通りを東へ。元気の無いアーケード街を南に下ってすぐ。土曜昼に往訪。屋号は「まごころちゅうぼう」と読みます。

Magokoro1011_04

 11時半の開店に合わせて訪れたつもりでしたが、すでに待ち客6人。いずれも地元民風でしたが、開店と同時に満席になり、食べ終わった頃には店外に6、7人行列が出来ていました。ただ、その後続がなく、開店時に並んでいた客が捌けると行列もなくなった様子。

Magokoro1011_00

 店内は狭小で店手前にカウンター6席と、奥に4人掛けテーブルが1卓。着席するとすぐに店員が注文を取りに来て、「しおらーめん(700円)」を注文。つけ麺を頼んでいる客のほうが多いような感じ。他に醤油味の「中華そば」もありますが、そちらの注文はゼロ。

Magokoro1011_02

 口が広くて浅めの丼で出てきました。

Magokoro1011_01

 スープはとろみが強めの動物+魚介(煮干し・昆布)。少々茶濁していますが、濃厚でありながらくどさは感じられず、やたらしょっぱいわけでもなく、実に良いバランスを保っています。

 麺は浅草開花楼の並太麺でやや縮れ気味。少々柔らかめですが、つるつる、もっちりとした食感で、濃厚スープが絡みついてもへたることなく味わえました。

Magokoro1011_03

 面白いのはチャーシュー。脂身が少ないだけではなく、まるで牛タンみたいに柔らかいんだけれども弾力があって噛み切りにくい独特の食感が面白い逸品。

 また白菜を具に加えているのは珍しいかも。他にメンマ、海苔。

 これなら行列ができるのは当然。大満足の一杯でした。

|

« 【展望】10年第33節川崎戦 | トップページ | 【観戦記】10年第33節:川崎 1-1 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50017309

この記事へのトラックバック一覧です: ○心厨房@木場:

« 【展望】10年第33節川崎戦 | トップページ | 【観戦記】10年第33節:川崎 1-1 浦和 »