« 広島2010(1):安芸高田の街 | トップページ | 【展望】10年天皇杯4回戦磐田戦 »

2010.11.16

【移転】食処 渓@川口(2)

 川口駅から徒歩10分弱。産業道路沿い。アリオ川口の対面。店舗を拡張してから2度目の訪問。新店はらーめん・つけ麺、本店はまぜそばと使い分けている模様。先客3、後客2。開店当時のような店外の行列はほとんどみかけなくなりましたが、そこそこの人気は維持しているようです。

Kei1011_03

 今回は「味噌らーめん・小(750円)」を注文。デフォルトでかなり量が多いことが判っているので夜は小で十分。もやしの量が調整できるようなので「中」にしてもらいました。

 店内はカウンター2列で壁際に5席、厨房側に3席。厨房から出にくい構造のためか、厨房側カウンターのど真ん中に配膳&返却台が設えてありますが、これが必要以上にでかくて存在感ありすぎ。テーブルに入れ放題の「玉ねぎ」が置いてありますが、「10円以上を寸志で」というのは正直ケチ臭い。

Kei1011_01

 ビジュアルは二郎風。

Kei1011_00

 どろどろのスープは「牛と豚で取った濃厚味噌」とのことですが、味噌が濃すぎて「濃厚スープ」ではなく、単にしょっぱいだけのような・・・新潟濃厚味噌みたいに「割りスープ」があってしかるべきところ。そういえば「渓らーめん(豚骨魚介)」も濃厚すぎるというか、しょっぱくてくどかったんだよなぁ・・・ここ。

Kei1011_02

 麺は浅草開化楼の太い縮れ麺で、やや堅めの仕上がり。麺は気に入りましたが、いかんせん絡みついたスープがしょぱくて・・・茹でモヤシを絡めながらなんとか美味しく食べられる範囲ですが、茹でモヤシが「割りスープ」代わりで、それゆえ多めの注文が可能なのかも。

 他にやや厚めのチャーシューが2枚と肉の煮物?、刻みネギ、海苔。
 
 つけ麺に力を入れすぎて、らーめんのほうは麺とスープのバランスを見失っているのかも。濃厚好きの人にはこれでいいのでしょうが・・・

|

« 広島2010(1):安芸高田の街 | トップページ | 【展望】10年天皇杯4回戦磐田戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/49944295

この記事へのトラックバック一覧です: 【移転】食処 渓@川口(2):

« 広島2010(1):安芸高田の街 | トップページ | 【展望】10年天皇杯4回戦磐田戦 »