« 九州逍遥(1):別府&九州横断特急 | トップページ | 九州逍遥(2):こだいこらーめん »

2010.12.19

AFURI@恵比寿

 恵比寿駅東口、駒沢通り・恵比寿一丁目交差点を過ぎて渋谷川を渡る手前で右に入る。日曜夕方に往訪。屋号は「阿夫利」と書くのが正式なんでしょうか?

Afuri1011_00

 ドアはなぜか北国みたいな2重式。間口は狭めですが奥行きが随分と深い店で、わずかにくの字に曲がったカウンターが20席ぐらい。

 券売機のボタンは「塩らーめん」が先頭でしたが、「醤油らーめん(750円)」を注文。その間に「ゆず塩」とか「紅塩」とかがありましたから、塩が売り物の様子。スープは「淡麗」と「まろ味」が選べるとのことですが、「まろ味」は「淡麗」に鶏油を多目に入れただけで根本的に違うわけではありません。とりあえず「淡麗」にしてもらいました。

 先客5~6、後客7~8。スタッフは4名。客も若けりゃ、スタッフも揃いも揃って若い・・・(´・ω・`)ショボーン

Afuri1011_03

 丼は少々小ぶり。

Afuri1011_02

 味玉の黄色に水菜の緑、海苔の黒とビジュアルは見事。澄んだスープは「鶏をベースに魚介・昆布・香味野菜など全ての食材の旨味を抽出」とのことですが、実にすっきりとした味わい。但しかえしの醤油にこれといった特色はなさそうなので、やはり塩を頼んだほうがよさげ。

Afuri1011_04

 麺は極細で少々ぼそぼそした食感。やや堅めで最初はスープの絡みがイマイチに感じましたが、極細ゆえかすぐにスープが馴染みだして良い感じに。

 チャーシューは表面を炙ってあって、しかもラーメンのチャーシューというよりは豚焼肉に近い味わい。少々甘味のある味玉とメンマ。
 
 量が少ないのが難ですが、それ以外は満足の一杯でした。

|

« 九州逍遥(1):別府&九州横断特急 | トップページ | 九州逍遥(2):こだいこらーめん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50155463

この記事へのトラックバック一覧です: AFURI@恵比寿:

« 九州逍遥(1):別府&九州横断特急 | トップページ | 九州逍遥(2):こだいこらーめん »