« 九州逍遥(3):日奈久温泉 | トップページ | 九州逍遥(4):大牟田の近代化遺産 »

2010.12.21

【閉店】麺昇 七辻@御徒町

 御徒町駅南口から西側に出てガード沿いを南へ。「中本」を越えてすぐ。平日夜に往訪。先客1、後客ゼロ。

Nanatuji1011_03

 「俄然モンゴリ庵」の跡に居抜き出店。店内はI字型カウンターが7席。券売機なし。「らー麺(650円)」を注文。他に「魚豚らー麺」や「ドラゴンらー麺」といったメニューも。

Nanatuji1011_00

 厨房内には若者が一人だけ。水セルフ。

Nanatuji1011_01

 「らー麺」としか書いていませんが、要するに家系っぽい豚骨醤油です。但し家系につきものの麺の堅さ・脂の量等のオプションは店内には明記されず。また家系としてはかなりライトで、脂っぽいわけでもなく、やたらしょっぱいわけでもなし。従って家系好きには物足りないかもしれませんが、家系に対してあんまり期待値が高くないワシ的には個人的にはこれで十分。後半はテーブルにあったニンニクや豆板醤を適宜いれながら完食。

Nanatuji1011_02

 菅野製麺所の麺箱が見えた麺は断面が四角い太麺で緩い縮れ入り。デフォルトでもやや堅めの茹で上がりで、スープとの相性は良好。

 海苔がカットされずに一枚板のような状態で丼に入っていますが、単に食べにくいだけ。バラ肉チャーシューは値段の割りにそこそこ厚みがありますが、冷えているのが困り者。他にほうれん草。

 近隣に横浜家系の「六角家」がありますが、それよりはだいぶマシかな? 

|

« 九州逍遥(3):日奈久温泉 | トップページ | 九州逍遥(4):大牟田の近代化遺産 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50165411

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】麺昇 七辻@御徒町:

« 九州逍遥(3):日奈久温泉 | トップページ | 九州逍遥(4):大牟田の近代化遺産 »