« 福岡の城巡り(2):大黒商店天神本店 | トップページ | のりや食堂@大井町 »

2010.12.10

【閉店】一製麺食堂@新宿

 新宿歌舞伎町といってもかなり北側。周囲はラブホテル街でらーめんだけを目当てに行くにはちょっと気が引けます。斜向かいにバッティングセンターあり。屋号は「一」と書いて「にのまえ」と読むそうです。

Ninomae1011_04

 平日夜に往訪。先客ゼロ、後客2。

Ninomae1011_00

 券売機はタッチパネル式で、中国語併記なのは場所柄でしょう。「らーめん(750円)」を注文。麺の堅さ、脂の量、味の濃さが調整できるようで、「麺堅め」を注文。他に「みそらーめん」や「つけ麺」なども。

 店内はL字型カウンター10席程度。割とゆったりした造り。スタッフはオヤジが2人いるのが判りましたが、厨房は店奥にあって様子は窺えず。

Ninomae1011_01

 見た目通りスープには背脂がどっさり。デフォルトでこの量ですから「背脂塊」だともはやそれは食べ物の範疇に入るのかどうか・・・

 背脂の量はともかく、困ったのはスープが非常にしょっぱいこと。「背脂の旨味に負けないように濃い目の味付けとなっている」とのことですが、こんなにしょっぱいと背脂の旨味も何もすべて打ち消されてしまうような・・・ 背脂どっさり系のラーメンは背脂の甘味が助けになって、見た目とは裏腹に結構ぐいぐいと食べられるところもありますが、ここのは大量に入っているモヤシや刻みネギの水分でしょっぱさを緩和しながらなんとか食べられるかなぁといったところ。

 デフォルトではしょっぱすぎと思う客が多いせいか、「味が濃いと感じられる方はスープ割り可」とのこと。

Ninomae1011_03

 麺はやや太めで、かつやや平ため。堅めにしてもらったこともあってそれなりの噛み応えが楽しめましたが、いかんせんスープが・・・

 他に丸くて薄くて大きめのバラ肉チャーシューとメンマ。

 後客は背脂塊&味濃いめを頼んでいましたが、好きな人は好きなんですね、この手のらーめん。

|

« 福岡の城巡り(2):大黒商店天神本店 | トップページ | のりや食堂@大井町 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50102347

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】一製麺食堂@新宿:

« 福岡の城巡り(2):大黒商店天神本店 | トップページ | のりや食堂@大井町 »