« 福岡の城巡り(4):名護屋城&呼子 | トップページ | 福岡の城巡り(5・了):博多だるま本店 »

2010.12.14

永田入団&野田復帰&不穏な細貝

・どういうわけか五月雨式に選手の異動が公表されますが、どれもこれも事前にスポーツ紙で報じられているものばかり。

・新潟から永田が入団。浦和のCBは坪井・・暢久とも30代。さすがにいつまでも両人に頼るわけにはいかず、また本来CBの柱となるべきスピラノビッチが怪我がち。従って誰が見てもCBの補強は急務でしたが、27歳の永田の補強は世代間のバランスから見ても非常に的確。

・野田が1年半に及ぶ岡山へのレンタルから復帰。岡山ではバリバリのレギュラーで、試合経験を積む点では十二分な成果を挙げての復帰。左SBはサヌが抜けたため、宇賀神が不動のレギュラー。野田は平川や堤とサブのポジションを争うことになると目されますが、堤同様、ペトロが浦和での実績のない野田を実戦で使う勇気があるかどうか・・・

・ここへ来て契約期間切れの細貝がブンデスリーガ(レーバークーゼンが有力)へ移籍するとの話が真実味を帯びてきました。すでに細貝との契約交渉を打ちきったとも報じられており、GMは慌てて谷口@川崎の獲得を検討しているようですが、同ポジションとはいえ超攻撃的な谷口と、どちらかといえば守備の貢献度が高い細貝じゃ全くタイプが違うような・・・ なんか長谷部の穴を今野で埋めようとしたピンボケぶりと被るような・・・ 

・その今野を安値で獲得できればそれに越したことはないと思いますが、浦和が「今野出る出る詐欺」に引っかかって年棒が爆騰した今となっては、変に今野に手を出すよりは新外国人で埋めるのが至極妥当でしょう。もっともそうこうしているうちに今野は瓦斯残留に決まったようですが。

・細貝との契約更新交渉は5月くらいから始めていたそうですが、交渉が不調に終わるとは夢にも思わなかったのかなぁ・・・グローバルに見れば浦和も選手をぶっこ抜かれる立場でしかないという現実認識にあまりにも乏しいような・・・

・細貝が離脱すると守備で計算が立つ選手は啓太と堀之内だけになり、しかも年齢的に堀之内は通年の活躍が見込めません。永田加入でCBの駒は比較的潤沢になりましたから、濱田が再びボランチとして場数を踏めると良いのですが。

・しかし、長谷部・阿部・細貝と立て続けに同ポジションの選手を無償譲渡とは、人が良いにも程がありますなぁ・・・(´・ω・`)

|

« 福岡の城巡り(4):名護屋城&呼子 | トップページ | 福岡の城巡り(5・了):博多だるま本店 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50289022

この記事へのトラックバック一覧です: 永田入団&野田復帰&不穏な細貝:

« 福岡の城巡り(4):名護屋城&呼子 | トップページ | 福岡の城巡り(5・了):博多だるま本店 »