« 九州逍遥(4):大牟田の近代化遺産 | トップページ | 青山隼選手、加入 »

2010.12.22

【閉店】濃厚タンメン塩力@神田

 神田駅南口の交差点渡ってガード下沿いにすぐ。もともと「大斗」があったところ。平日夜に往訪。先客3、後客ゼロ。

Shioriki1012_03

 券売機で「濃厚タンメン(650円)」を注文。タンメンの豚肉を増した「濃厚豚タンメン」とか「濃厚もりタン」といったメニューも。昼はライスや唐揚げがついたセットメニューがあるようですが、夜はなし。

 「大斗」の居抜き出店なのか、同一資本の業態転換なのかは良く判りませんが、コの字型カウンター7席は「大斗」の時そのまま。奥に2Fへ向う階段がありましたが、2Fを客席として使っているのかどうかは判らず。但し、厨房内には配膳用のエレベーターがありました。

 店内にはスタッフが2人。一人が炒め物、もう一人が麺を茹でたり、盛り付けをしたりといった感じ。

Shioriki1012_00

 二郎を意識しているのかどうか判りませんが、もやしがてんこ盛りなって登場。

Shioriki1012_01

 スープは豚骨白湯ベースですが、背脂交じりな上に野菜等とスープを一緒に炒めているせいもあってか、表面が脂でギトギト・・・スープがしょっぱいことと相まってちょっと飲む気がしませんでした。

Shioriki1012_02

 麺は断面の丸い太麺ストレートでもっちりした食感ながら最後までスープに負けない力強さを保っていました。ややざらつきを感じるあたり、ちゃんぽんの麺に近いかも。

 具はもやしを主体にきゃべつ、豚肉、キクラゲ、ニンジン、ニラ、玉ねぎ、ナルト等々。ニンジンやキャベツの葉脈に近いあたりには火が十分通っていないのは困り者。またデフォルトで胡椒が少々掛かっています。

 量は多目でコストパフォーマンスは文句ないと思いますが、脂多すぎなのがねぇ・・・

|

« 九州逍遥(4):大牟田の近代化遺産 | トップページ | 青山隼選手、加入 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50183804

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】濃厚タンメン塩力@神田:

» 濃厚タンメン塩力@神田、麺屋大斗に戻るの巻 [浦和御殿]
神田駅南口、駅前通りを渡ってすぐのガード下で営業していた「塩力」。長らく休業して [続きを読む]

受信: 2011.11.06 20:29

« 九州逍遥(4):大牟田の近代化遺産 | トップページ | 青山隼選手、加入 »