« 青森2011(2):古牧温泉 | トップページ | 【TV観戦記】日本 2-2(PK3-0) 韓国 »

2011.01.25

【移転】麺屋 元福@御徒町

 御徒町駅南口を東側に出て、そのまま直進。地下鉄仲御徒町駅とのほぼ中間に位置。平日夜に往訪。先客1、後客5。

Genfuku1101_02

 入口脇の券売機で「らーめん(680円)」を注文。つけ麺と2本立てで、ボタンはらーめんが上ですが、つけ麺のほうがよく出ている模様。

 店内は壁沿いに5人掛けのカウンターが二セットと2人掛けテーブルが1卓、4人掛けが1卓。

 スタッフは店奥の厨房に2人と客席係が1人。客席係は店内がガラガラなのに、なぜか出入りの多い券売機そばの席にコップを置いてそこへ座らせようとします。もちろん文句を言って奥に座らせてもらいましたが。

Genfuku1101_00

 スープは店内のウンチクによると「豚骨・鶏ガラ・魚介等をじっくり12時間かけて炊き上げた」とありますが、実際のところは豚骨を中心とする動物系が強めに出たこってり系スープに魚粉等でアクセントを加えたという感じ。かえしもきつめで若干しょっぱく、また食べ進むにつれてややくどくなってきますが、万人受けする範囲内。

Genfuku1101_01

 麺は心持ち太目のストレート麺(ウンチクには「細麺」とありますが、麺を変えたのでしょうか?)で、濃いスープにはよく合います。

 具は薄いチャーシューとカイワレ、タケノコ、刻みネギ、そして挽き肉。タケノコは目新しい具材ですが、単に目新しいだけで無難にメンマにしたほうがよさげ・・・

 無難といえば無難な出来ですし、駅から近いですし、価格もリーゾナブル。元木選手(元巨人)がプロデュースした店だというのが個人的にはアレですが、雨の日にはそれなりに重宝しそう。次は「辛味噌らーめん(750円)」を試してみます。

|

« 青森2011(2):古牧温泉 | トップページ | 【TV観戦記】日本 2-2(PK3-0) 韓国 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50502362

この記事へのトラックバック一覧です: 【移転】麺屋 元福@御徒町:

« 青森2011(2):古牧温泉 | トップページ | 【TV観戦記】日本 2-2(PK3-0) 韓国 »