« 織田vs武田の最前線を行く(3):豊川稲荷 | トップページ | 織田vs武田の最前線を行く(4);台湾ラーメン »

2011.02.08

【閉店】麺屋 立葵@高田馬場

 高田馬場駅早稲田口前の「さかえ通り」に入って、さらにファミマ前の路地を西へ入る。駅から近い割りには判りにくいところに立地。日曜昼に往訪。先客0、後客3。

Tachiaoi1101_04

 厨房に沿って少し中折れしたカウンター6席だけの手狭な店で券売機はなく後払い。「豚骨魚介らぁめん」が一番出ているようですが、店内のメニューの先頭は「豚骨らぁめん(650円)」だったのでそれを注文。他に胡麻担々麺も。

Tachiaoi1101_03

 小さな店なのに、店主の他に見習い中らしい方や接客係までいて経営は大丈夫なのか心配になります。

Tachiaoi1101_00

 豚骨らーめんといっても博多風のそれではなく、どちらかといえばとんこつ醤油に近い濃厚タイプ。スープはやや甘めですが、豚骨出汁をしっかり味わえるなかなかの出来。揚げネギやニンニクチップが良いアクセントになっています。

Tachiaoi1101_02

 麺は並太で緩い縮れ入り。やや柔らかめなのが残念で、スープに対してちょっと弱いような・・・ ちなみに後客はいずれも麺堅めを注文していました。替玉もできるようですが、この麺で替玉はちょっと無理があり、量を求めるなら大盛にしたほうがよさそう。

 炙りチャーシューは肉の旨みを十二分に引き出した優れもの。炙りチャーシューに自信があるのか、炙り焼豚寿司というサイドメニューも。

 一方茹でモヤシはこのスープにはちょっとどうかな?と思いますし、ほうれん草も微妙。他にメンマ、刻みネギ、海苔。

 麺と具に改良の余地があると思いますがコストパフォーマンスは良好で、次は「豚骨魚介」を試してみます。

Tachiaoi1101_05

 隣の店とオーナーが同じなのでしょうが、怪しい店やなあ・・・

|

« 織田vs武田の最前線を行く(3):豊川稲荷 | トップページ | 織田vs武田の最前線を行く(4);台湾ラーメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/50603754

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】麺屋 立葵@高田馬場:

« 織田vs武田の最前線を行く(3):豊川稲荷 | トップページ | 織田vs武田の最前線を行く(4);台湾ラーメン »