« 【観戦記】11年第1節:浦和L 0-0 湯郷 | トップページ | 甲斐@川口 »

2011.04.30

【PV観戦記】11年第8節:仙台 1-0 浦和

・ユアスタの雰囲気に呑まれたとか、相手の気魄に押されたとか、空気を読んだとか、そんなメンタルの問題ではなく、どこからどう見ても完敗。1失点を喫した直後のポスト直撃弾を筆頭に仙台には何度も際どい場面を作られた一方、浦和のチャンスらしいチャンスは終盤のマゾーラ→マルシオしかありませんでしたら、0-1という点差以上の完敗という印象を受けました。

・もっともこの日唯一の失点に繋がった場面では、ゴールラインを割るかと思われたボールを懸命に追ったのがリャンだけだったという事実に気魄と集中力の差が如実に表れてしまいましたが・・・ ゴールライン間際でボールに追いついたリャンは誰もついておらず、リャンにとってはFKも同然。クロスは暢久とスピラの間に飛び込んできた太田にどんピシャリ・・・

・試合内容的には同じく0-1で敗れた開幕の神戸戦よりも悪く、PSM栃木戦に匹敵するほど。仙台は序盤に攻勢をかけて浦和に冷や汗をかかせた後は自陣に引き篭もって強固なブロックを形成。浦和は引いた相手をどう崩すかという昨年と同様の課題に直面しましたが、その結果は暗澹たるものでした。

・前半縦に楔のパスを入れたところを再三狙われてカウンターを食らいまくり。いとも簡単にポールを失ってしまうエジには困ったものですが、名古屋戦とは打って変わって選手間の距離が遠くてエジをフォローする選手もいなかったような・・・

・パスによる崩しはリスクばかり高くて上手く行かないためか、攻撃手段は両WGへの放り込み主体。でも両WGにボールが入ってもそこには仙台の守備陣が必ず2人付いていてどうにもならず。すぐに手詰まりになってバックラインへ戻す→再びWGめがけてドカン→手詰まり→バックラインへ戻す→ドカーン ってなんじゃそりゃ?

・名古屋戦では右サイドを中心に人数をかけた攻撃が見られましたが、この日は全くといっていいほど雲散霧消。WG単騎で「やあやあ我こそは」みたいな攻撃を仕掛けて討ち死に続出。まぁあれだけワイドに開いたWGへのロングボールを多用しまくって、そこからマルシオや柏木に何を期待しているのかよく判りませんが・・・

・前半がさっぱりワヤだったのは監督も認めざるを得なかったようで、後半頭から達也→高崎で4-2-2-2に変更。相手のゴールにより近いところに放り込みのターゲットを据えては見たものの、エジも高崎もハイボールに強いわけでも何でもないのでこれまた意味をなさず。

・後半途中から峻希が再三攻撃に絡み始めて右サイドはなんとか攻撃の形を成し始めましたが、原口がいないも同然の状態に陥った左サイドは沈黙。そこでマゾーラを投入するのは判らなくはありませんが、下げたのは原口ではなくなんと暢久。原口が右SHに回って柏木・マルシオの2ボランチという珍妙な布陣。2トップは共にボールキープできず、両SHはスペースがないと何もできず、単にバランスを崩しただけの格好。3枚目の交代は全く意味不明。

・最後の最後でマゾーラがリャンを振り切ってクロスを上げるのに成功したのがこの日唯一無二のチャンスで、90分を通じて見所なし。CKや良い距離でのFKもチャンスには結びつかず。

・昨年は引いた相手に対してサイドに人数をかけ、数的同数ないし数的有利を作ってサイドを深く抉るところまでは行くのだが、中央が薄いのでクロスを悉くはじき返され、やっとこさ作った決定機を決めきれないというパターンの連続。そこで今年は方法論をほぼ180度変えてみたものの、今のところはサイドを崩すことさえできていませんから、得点の可能性はさらに遠ざかった感じ。ちゃぶ台をひっくり返して一からの出直しで、まだ3試合をこなしたに過ぎないので生暖かく見守るのが妥当なんでしょうが、個人的には残念ながらこのサッカーには将来性を全く感じないんだよなぁ・・・ 

・守備も不安定。両WGがサイドに張る布陣のため、当然ながら横は常に間延び状態。攻守の切り替えも名古屋戦とは対照的に甚だ緩慢。再三仙台のカウンターでいきなり最終ラインが脅かされ、SBとCBの間にボールを通されてヒヤリ。攻撃の拙さが守備にも伝播した典型で、「しっかり自陣にブロックを作って守ってくる」相手に対しての打開策を見出すまでには時間がかかりそう。

原口---エジ---達也
---柏木--丸塩---
-----暢久-----
宇賀神-永田-摩周-峻希
-----山岸-----

HT:達也→高崎
69分:暢久→マゾーラ
85分:宇賀神→野田

・小破が伝えられた暢久は無事スタメンを確保。引き篭もる相手には啓太の出番はないでしょうなぁ・・・

-----赤嶺-----
関口---梁----太田
---角田--高橋---
朴--鎌田--曺--菅井
-----林------

得点:40分 太田

66分:高橋→富田
75分:太田→松下
89分:梁→マックス

|

« 【観戦記】11年第1節:浦和L 0-0 湯郷 | トップページ | 甲斐@川口 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/51531100

この記事へのトラックバック一覧です: 【PV観戦記】11年第8節:仙台 1-0 浦和:

« 【観戦記】11年第1節:浦和L 0-0 湯郷 | トップページ | 甲斐@川口 »