« 【TV観戦記】11年第11節:新潟 0-3 柏 | トップページ | 【観戦記】11年第11節:浦和 1-1 C大阪 »

2011.05.15

(メモ)浦和1-1C大阪

(スタメン)
監督公言通り、啓太とセルがスタメン入りで暢久がベンチスタート。梅崎がベンチ入り。高崎もベンチに戻って、ついに自爆装置を解除。

桜は倉田やマルチネスが戻っていつもの面々。

(前半)
立ち上がり浦和が人数をかけた猛攻を仕掛け、バイタルエリアでの混戦から原口がゴール。今日の原口はしきりに中央に入る。

しかし良かったのはこれだけで、後は原口が相手のミスを突いてカウンターのチャンスがあったくらい。
セルは機能せず、原のほうがマシではないかと。

最終ラインからのビルドアップは全くできず、低精度のゴールキックは悉く相手ボールに。

とはいえ先制したので、守備はまずまずかと思ったら、永田のミスで失点。その前にも乾やピンポンに決定的な場面を作られた。

ボールの奪いところのイメージ共有化ができていないのか、人数がいる割りにボールが奪えない。

(後半)
早い時間帯にエジ・セルが2対1のビッグチャンスを作ったが、エジが決められず。

浦和の迷いっぷりは深刻で攻守の切り替えも緩慢な上、動きも悪い。

何度もカウンターのチャンスがありながらシュートに持ち込めない。

守りは破綻寸前。陣形は間延びして啓太が孤軍奮闘。しかしボールを繋がれまくって何度も危ない場面を作られる。

相手のシュートミスに助けられ、勝ち点1を拾った試合。攻守とも組織性は感じられず、原口を筆頭に個々人が頑張っているだけ。

依然崩壊の縁をさ迷っている。

|

« 【TV観戦記】11年第11節:新潟 0-3 柏 | トップページ | 【観戦記】11年第11節:浦和 1-1 C大阪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/51677316

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)浦和1-1C大阪:

« 【TV観戦記】11年第11節:新潟 0-3 柏 | トップページ | 【観戦記】11年第11節:浦和 1-1 C大阪 »