« 【閉店】つけ麺専門店 麦田@池袋 | トップページ | 【観戦記】11年第12節:浦和 2-2 鹿島 »

2011.05.21

(メモ)浦和2-2鹿島

(スタメン)
鹿島は新聞報道通り小笠原不在。新井場もベンチスタート。

浦和は前節と全く同じだが、ベンチに自爆装置をセット。小島が初のベンチ入り。

(前半)
立ち上がりは五分五分だったが、浦和左サイド高い位置に張っていた西にロングボールを通されて簡単にエリア内侵入を許し、シュートは一度ブロックしたが、こぼれ玉を叩きこまれる。

先制した鹿島は浦和DFの裏狙いに。惜しい場面もあったが、鹿島にしては中盤のミスが多い。

スピラには厳しくプレス。

浦和の攻撃は絶望的。可能性があったのは峻希→原口のシュートだけ。セルが対面のアレックスに勝ちまくっているが、他に繋がらず、引いてブロックを作る鹿島を崩せず。

一歩間違えると大敗か?

(後半)
ただでさえ苦しい戦況なのにペトロはご丁寧にも後半頭からセルに代えて自爆装置をセット。さらに啓太→暢久。

これであっさり攻守のバランスは崩壊というか、攻撃が機能しないまま守備が崩壊。

頭数だけはいる浦和守備陣の回りをあっさりパスを繋がれて失点。

九分九厘負け試合だったが、柏木→高崎という破れかぶれの采配が奏効。

鹿島DFライン前から高崎が放ったシュートが決まって一点差。

信じがたいことに鹿島がこれで浮き足だってしまい、マゾーラが全く角度がないところから、GKのニアをぶち抜いて同点。

こうなるとマゾーラのスピードが生きるが、つまらないイエローカード二枚で派手に自爆。

個人能力全開で、組織的には見るに耐えない試合だったが、個々人の頑張りでなんとかする昔の浦和っぽい試合だった。

しかし二点リードを追いつかれる鹿島もなんだなあ。

|

« 【閉店】つけ麺専門店 麦田@池袋 | トップページ | 【観戦記】11年第12節:浦和 2-2 鹿島 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/51730388

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)浦和2-2鹿島:

« 【閉店】つけ麺専門店 麦田@池袋 | トップページ | 【観戦記】11年第12節:浦和 2-2 鹿島 »