« 【閉店】大勝軒 まるいち@川口 | トップページ | 【閉店】初代麺や 宇三郎@大宮 »

2011.05.27

【展望】11年第13節新潟戦

・いよいよ浦和アルビレックスがアルビレックス新潟を迎え撃つ日がやってまいりました。

・昨オフの新潟は攻守の柱である永田とマルシオ・リシャルデスが流出。さらに札幌からレンタルしていた西が鹿島へ去るなど、一昨年のオフ同様厳しい状況に立たされました。

・それでも大補強を敢行したはずの浦和より今季の成績が良いっちゅーのは、浦和が何を間違えているかを如実に示しているような・・・ 

・しかし新潟には怪我人が相次いでいる様子。特にチョ・ヨンチョルが離脱した後は攻撃が全く成り立たなくなって連敗してしまいました。新外国人ブルーノ・ロペスはどうやら当たりのようですが、さすがに一人でなんとかしてしまうレベルではなさげ。

・一方依然不振にあえぐ浦和は全く機能しない4-1-2-3を放棄して、鹿島戦後半で半ば破れかぶれで採用してそれなりに機能した4-2-2-2にシフトするかどうかが最大の見どころ。今季依然ノーゴールのエジがとうとう「俺を外してもいいから2トップにしろ!」と言い出す始末で、もう監督への信頼なんてこれっぽっちもないような・・・

・もっともフォーメーションをいじくったところで、攻守の連動性のなさ、いやそれ以前に「監督が何をやろうとしているのかさっぱり判らなくなってしまった」という問題が改善するわけではないでしょうから、極端に戦績が好転するとは思えず。

・ラインディフェンスの基本が全然できてなくて、DFラインにギャップできまくりという問題なんて4-2-2-2にしようがどうにもならんって・・・

・フォーメーションがどうであれ、誰とも連携が取れていないセルはもうスタメンを外すべきだと思います。全体練習に復帰した達也を新潟戦にいきなり使うのはリスキーなので、エジ&高崎の2トップ+マルシオ右SHが妥当でしょう。

・また次節は自爆装置をセットできないので、試合が膠着状態に陥った場合、または劣勢に立たされた場合のペトロの一手が見物です。どんな恐ろしい手段を考えつくかという意味で。

------------------------------------------------

<前節:G大阪 2-1 新潟>

---ロペス-大島---
ミシェウ--------三門
---本間--小林---
酒井-千葉--鈴木-藤田
-----東口-----

得点:77分 ミシェウ

54分:小林→木暮
61分:大島→川又
90分:三門→酒井宣

<前回:浦和 2-0 新潟>

---田中亜--大島--
加藤--------チョ
---本間--小林---
酒井-永田--千葉--西
-----東口-----

HT:小林慶→三門
63分:大島→明堂
78分:田中亜→川又

怪我でマルシオとミシェウを欠く新潟はどう見ても攻め駒不足。前半こそ積極的に浦和ゴールに迫り、シュート総数でも浦和を上回ったものの、結局のところ90分を通じての決定機は前半終わりごろのチョの一発だけ。平川がチョの対面に回ってからは手も足も出なくなってしまいました。

|

« 【閉店】大勝軒 まるいち@川口 | トップページ | 【閉店】初代麺や 宇三郎@大宮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/51748664

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】11年第13節新潟戦:

« 【閉店】大勝軒 まるいち@川口 | トップページ | 【閉店】初代麺や 宇三郎@大宮 »