« 【観戦記】11年第17節:浦和 3-0 福岡 | トップページ | 【TV短感】ロンドン五輪アジア2次予選第2戦:クウェート 2-1 日本 »

2011.06.23

浦和は害虫と共に歩む

・内容がどうであれ久しぶりの勝利で、とりあえず祝杯といきたいところですが、浦和の病状はもはや末期的です。

・せっかく二日間にわたって非公開練習を設けたのにスタメンに言及してしまうポロリッチにも困ったものですが、どうも問題はポロリッチだけではなかったようで、翌朝のNack5で大野勢太郎氏が福岡戦のスタメンを取材結果と称して全部しゃべったとのこと。

・チームの低迷とは裏腹に、浦和に巣食う害虫が「わが世の春」とばかり生き生きしています。もう浦和には情報管理も何もありません。害虫どもが喜んで浦和のことを無理やりポジティブに脚色して話題にしてくれればそれでOK。ポロリッチがこんな無残な成績でも解任されないのは、害虫対応こそポロリッチの最優先課題であり、チームの勝ち負けなんて二の次だからと考えれば腑に落ちます。

・またエジミウソンのカタール移籍という報も飛び込んできました。昨日・今日の報道を見る限り、その確度は高そうで、この件も勢太郎がほぼ確実と伝えているとのこと。

・今期大不振のエジミウソン。確かにお世辞にも褒められた出来ではありませんが、不振の原因の半分以上はそもそもポロリッチが間違った使い方をしているためでしょう。っちゅーか、エリア内中央で一人でデンと構えて、マーカーがべっとり付いていても点が取れるレベルのCFWなんて日本には来ないかと。だからエジミウソンを売却して代わりを取ろうとしても適任を見つけるのは至難の業。

・しかも、エジミウソンマネーが補強に充てられるとは限りません。昨年は赤字、今年も観客減=収入減でこのままでは赤字は免れませんから、エジを売って赤字を埋めると考えるほうが自然。エジミウソンは人気がなくてせっかく作ったメモリアルTシャツも在庫の山となり、今季のパフォーマンスも良くないので、たまたまやってきたオファーにこれ幸いと飛びついたんでしょうなぁ・・・

・選手の切り売りを始める前に、レッズランドとか余業を整理して収支を改善するのが本筋なんですが、そんなまともな経営判断を浦和に期待してはいけません。

・さはさりながら、残留争い真っ只中で外国人枠を開けておくわけにはいきませんから、半年のレンタル契約で誰かしら連れてくるんでしょうなぁ・・・でも先述のようにポロリッチがやろうとしていた戦術に合うCFWなんて見つけるのは極めて困難。っちゅーか、以前からポロリ谷が注目していて、ようやく獲得したマゾーラの自爆装置っぷりを見ると、うちのフロントの目なり、伝手なりに信頼が置けそうになく、ようやく見つけてきた外国人は「第二自爆装置」だった!というシナリオも十分考えられ・・・

・クラブを潰さないために選手を切り売りするのは褒められた話ではありませんが、100%間違っている話でもありません。でも、売却が決まる前に外部にその話がだだ漏れになり、害虫が喜び勇んでネタにするって、このクラブはいったい何を考えているのか? いや、何にも考えていないからこうなるんでしょうなぁ・・・

|

« 【観戦記】11年第17節:浦和 3-0 福岡 | トップページ | 【TV短感】ロンドン五輪アジア2次予選第2戦:クウェート 2-1 日本 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52019166

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和は害虫と共に歩む:

« 【観戦記】11年第17節:浦和 3-0 福岡 | トップページ | 【TV短感】ロンドン五輪アジア2次予選第2戦:クウェート 2-1 日本 »