« ほうきぼし@赤羽 | トップページ | 北海豚骨麺屋 銀鈴@谷在家 »

2011.06.09

【奈良散策】高取城&壺坂寺(2)

高取城&壺坂寺(1)から続く)

0002

壺坂口中門跡。

高取城は一時廃城になっていたものを「洞ヶ峠」で有名な筒井順慶が復興。その後本多利久・俊政親子が城郭を整備して、江戸期には植村氏が14代にわたって支配しました。

高取城の特徴は、山城にもかかわらず広い敷地を持ち、石垣、天守、櫓、門、殿舎などが築かれていること。

0001

大手門。

山城の天守や櫓、門、石垣はどうしても火災や風雨による災害に遭いやすく、いったん災害に見舞われると往々にしてそのまま放棄されがち。ところが、高取城は3代将軍家光より「一々言上に及ばず」という許可があり(江戸期は幕府の許可なく城郭の修復ができません)、それで江戸時代を通じて各建物の存続と完備ができたとの話も。

もっとも山城は不便なのはどうしようもなく、寛永末期から藩主・家臣団の移転が始まり、城には城番が置かれるだけだったとのこと。

それなら城郭も修理せずに放棄すりゃええやんと思いますが、その辺は「プライド・オブ・高取」だったのかどうか・・・

0002_2

十三間多聞跡。

高取城には22基の櫓、5つの多門櫓があったとか。

0001_2

新櫓跡。最近積み直されたのか、全くと言っていいほど草木はおろか、苔さえ生えていません。

Photo

太鼓櫓跡。

0004

天守台。ここに三重の天守がそびえ、多門櫓を介して小天守が連結。城郭といい、天守といい、たかだか2万5千石の極めて小さい石高しかない高取藩には過大だったような・・・

0001_3

ようやく本丸に到着。日本屈指の山城ですが、登城ルートは格好のハイキングコースにもなっているようで、本丸ではお弁当を広げる中高年の団体がそこかしこに。

|

« ほうきぼし@赤羽 | トップページ | 北海豚骨麺屋 銀鈴@谷在家 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/51178928

この記事へのトラックバック一覧です: 【奈良散策】高取城&壺坂寺(2):

» 【奈良散策】高取城&壺坂寺(3) [浦和御殿]
(高取城&壺坂寺(2) から続く) 高取城を降りて壺坂寺へ戻ってきました。着いた [続きを読む]

受信: 2011.06.14 12:02

« ほうきぼし@赤羽 | トップページ | 北海豚骨麺屋 銀鈴@谷在家 »