« 「何としても問題を先送りしたい」柱谷GM | トップページ | エジミウソンの思い出 »

2011.07.08

名古屋2011(3):常滑散策

名古屋2011(2)から続く)

08

INAXライブミュージアムから、クソ暑い中をぷらぷら歩いて常滑駅へ。

途中の小高い丘には現役の窯元がちらほら。

03

小学校の壁には生徒自作と思われる焼き物も。

10

12

約20度の傾斜地に8つの焼成室を重ねた登窯(陶栄窯)。明治末期の常滑にはこのような登窯が60基もあったそうですが、現在残っているのはここだけ。

17

売りに出せない焼き物の失敗作や使い古しの窯道具は、やたら硬くて重くてかさばる「産業廃棄物」ですが、常滑の街ではそれをれんがやブロック、石材の代わりにうまく再利用しています。

上写真は「土管坂」で壁代わりになっているのは硫酸瓶や焼酎瓶。

21

路面に敷き詰められているのは、土管を積み重ねて焼く際に下に置く「焼台」とのこと。

23

常滑は七福神すらも陶器。

常滑 14:51 (名鉄 2358) 15:16 神宮前
神宮前 15:24 (名鉄 1416) 15:38 知立
知立 15:50 (名鉄 6221) 16:14 豊田市

|

« 「何としても問題を先送りしたい」柱谷GM | トップページ | エジミウソンの思い出 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52085642

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋2011(3):常滑散策:

» 名古屋2011(4):桜通線完乗 [浦和御殿]
(名古屋2011(3)から続く) 翌日の第一ミッションは、名古屋市地下鉄桜通線の [続きを読む]

受信: 2011.07.11 11:50

« 「何としても問題を先送りしたい」柱谷GM | トップページ | エジミウソンの思い出 »