« 池之端 松島@根津 | トップページ | 銀座 いし井@銀座1丁目(2) »

2011.07.28

磐田2011(下):浜松市楽器博物館

磐田2011(上)から続く)

0004

浜松市は今年市制施行100周年。駅前には100周年を記念したマスコット「家康くん」。ちょんまげに鰻、袴にピアノの鍵盤をあしらっています。

但し、浜松市自体のマスコット「ウナギイヌ」が別にあるので、「家康くん」は短命に終わる運命なんでしょうなぁ・・・

0003_3

土曜の丑の日も近いとあって、浜松駅前の鰻屋も大賑わい。

0001_3

浜松市中心部にはこれといった観光スポットはなく、しかもクソ暑い中を出歩く気にならないので、駅近くにある「浜松市楽器博物館」を訪れてみました。

浜松にはもともとヤマハ、河合楽器の2大楽器メーカーが本社を置いている上に、電子楽器で有名なローランドも2005年に本社が浜松に移転。浜松に「楽器博物館」が出来るのは当然でしょう。

博物館は2フロアあり、ヤマハや河合の肝入りなのか鍵盤楽器に比較的スペースが割かれていますが、見ていて面白いのは民俗学的な要素が濃い世界、特に普段目にすることがないアジア・アフリカの楽器。

上写真は祭りの山車かなにかに見えますが、バリ島西部に伝わる「ジュゴッグ」という世界最大の竹琴。

0008_2

こちらは銅製の鍋が並んでいるように見えますが、ジャワ島の「ガムラン」。この博物館ではヘッドフォンで主な楽器の演奏を聞ける(ものによっては画像付き)ので、全く飽きません。

0023

こちらはバリ島の「ガムラン」。ジャワ島よりはかなり小ぶり。

0026

ぱっと見はトーテムポールの原型みたいですが、これはバヌアツの割れ目太鼓「タムタム」。

0001_4

浜松 16:51 (828M クモハ313-2511) 17:11 愛野

このまま博物館内でずっと涼んでいたくらいの酷暑でしたが、それだと本末転倒の極みなんで、やむなく(?)エコパへ移動。

0002_2

スタジアム前の屋台もかなり寂しくなった気がしますし、行列もほとんどありません・・・・

0003_4

顔色が悪いマスコットも懸命に営業活動。

0010_2

隣のマスコットがJリーグ随一の演技派で知られるせいか、こちらも負けずにダンス。

でもこの客入りだ来年はヤマハ開催へ戻ってしまうかも・・・もっともそれ以前に浦和が(略)

|

« 池之端 松島@根津 | トップページ | 銀座 いし井@銀座1丁目(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52279009

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田2011(下):浜松市楽器博物館 :

« 池之端 松島@根津 | トップページ | 銀座 いし井@銀座1丁目(2) »