« 【観戦記】11年第3節:浦和L 1-2 千葉L | トップページ | 【観戦記】11年第22節:新潟 2-3 浦和 »

2011.08.14

(メモ)新潟2-3浦和

(メモ)新潟2-3浦和
(スタメン)
代表で遠征帰りのスピラはベンチスタートで暢久スタメン。出場停止のマルシオに代えて達也。原口はまたも強行出場。

新潟はサプライズなし。

(前半)
右サイドから中に斬りこんだ原口がチャンスメーク。エリア内で細かく繋いで最後は原口が決めて早い時間帯に先制。

新潟はどういうわけか動きが悪い。2トップへのロングボールがやや目立つくらいで戦術的意図も感じられない。

浦和の出来も褒められたものではないが、柏木FKを最後は永田が決めて追加点。

新潟守備陣はランコに苦戦気味なので上手く使いたいが。

原口は先制点を挙げた後はさっぱりなので早く休ませたい。

啓太のミスが二回、達也のミスが一回でヒヤリ。今日の直輝は守備の人かな?

両CBは新潟2トップを完封しているがカウンターを喰らいそうになって暢久がイエロー。

(後半)
新潟ははっきりした浦和DFラインの裏狙い。暢久が前半にイエローを貰ったのも響いたか、その狙いが奏効し、飛び出した選手を加藤が倒してPK。踊る加藤はかすりもしない。

しかしその直後に縦パスで新潟左サイドを突破した達也→直輝で浦和が加点(ランコがオフサイド臭かったが)。蒸し暑い中で動き回る直輝の働きは後半絶大。

暢久→スピラは妥当で、ランコ→マゾーラも理解できるが、達也→セルは全くの無駄玉。

勝っているのに全く守備をしない選手を二枚も置くか?

独力でフィニッシュに絡めるマゾーラはまだしも、セルは攻守に足引っ張りまくり。

ロスタイムにエリア内で軽率なハンドを取られて一点差に詰め寄られ、一方的な試合内容のわりには後味が悪い幕切れに。

勝っている試合を勝ちきるプランのないぺらしい試合。

|

« 【観戦記】11年第3節:浦和L 1-2 千葉L | トップページ | 【観戦記】11年第22節:新潟 2-3 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52474406

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)新潟2-3浦和:

« 【観戦記】11年第3節:浦和L 1-2 千葉L | トップページ | 【観戦記】11年第22節:新潟 2-3 浦和 »