« 【展望】11年第21節新潟戦 | トップページ | 【観戦記】11年第3節:浦和L 1-2 千葉L »

2011.08.13

【閉店】土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式@目黒

 目黒駅から権之助坂を下って山手通りを南下。下目黒郵便局を越えてさらに歩くので目黒駅から10分くらいかかります。祝日昼に往訪。開店直前に到着したところ先客1、後客4。もともと「ラーメンゼロ」があったところに、同じせたが屋グループが開店させたもの。

Oresiki1107_05

 メニューは思い切り絞り込まれていて、「ラーメン(680円)」に各種のせものを加えただけ。ラーメンを麺固めで注文。

 内外装とも「ラーメンゼロ」の時と大差なく、L字型カウンター6席に4人掛けテーブルが2卓をゆったりと配置。店の規模の割にはスタッフが4人もいます。接客係がインド人風で、隣のインド料理屋と関係があったりすると笑えるのですが。

Oresiki1107_01

 「土佐の男」云々という長い屋号ですが、特に土佐を感じさせるものは何にもなくて、どこからどう見ても真っ当な博多風とんこつラーメン。少しとろみがついたスープはとんこつの臭み、くせこそほとんど感じませんが、とんこつの旨みはしっかり味わえる優れもの。

Oresiki1107_02

 固めにしてもらった麺は少しぱさつき、ごわごわ感のある細麺ストレート。スープの絡み・相性もいたって良好。

 具はキクラゲ、刻みネギ、海苔、小さめのチャーシュー。

Oresiki1107_04

 もちろん替え玉(120円)を追加。卓上には紅生姜しかなく、高菜や白ゴマといった定番ののせものがない代わりに「特製ラー醤」が置いてあります。

Oresiki1107_03

 辛さやにんにく臭さはほとんどないも同然でピリ辛の肉味噌みたいな感じ。スープの出来が良いので、あえてラー醤を入れて味を変えて楽しむ必要はないような・・・ また自然体で食べていると替え玉の時にはスープがやや不足気味。替えスープを50円で出しているのも頷けます。

 ラー醤がちょっと期待外れだったくらいで、他は大満足でした。

|

« 【展望】11年第21節新潟戦 | トップページ | 【観戦記】11年第3節:浦和L 1-2 千葉L »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52240908

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】土佐の男が作ったとんこつらーめん 俺式@目黒:

« 【展望】11年第21節新潟戦 | トップページ | 【観戦記】11年第3節:浦和L 1-2 千葉L »