« 田中@水道橋 | トップページ | 【観戦記】11年第29節:浦和 0-1 大宮 »

2011.10.15

極濃麺家初代 一本氣@小岩

小岩駅北口から蔵前橋通りへ出て東へ。祝日昼に往訪。開店5分前くらいに店に到着したところ、既に2人が開店待ち。さらに開店までに一人やってきました。あとは三々五々客がやって来て、退店時には外で待ち客も発生。

Ippon1109_05

 基本だけでも「ラー麺」「本気ブラック」「つけ麺」「博多魚豚そば」と4種類のメニューがあって券売機のボタンもやたら賑やかですが、もっともシンプルな「ラー麺(680円)」を注文。他の客も「ラー麺」を頼む人がほとんど。他のメニューは「ラー麺」と比べるとやや高く、特につけ麺は800円からと非常に割高なのが原因かも。

Ippon1109_01

 店内はL字型カウンター10席ほど。水セルフなのは結構ですが、カウンターにボトル類がなくて、いちいち冷水器まで汲みに行かないといけないのは面倒。

Ippon1109_02

 やや背の高い円錐状の丼で出てきました。扇風機の風で海苔が倒れてしまい、ビジュアル的には大いに難あり。

Ippon1109_03

 少々とんこつ臭が漂う典型的なとんこつ醤油ですが、家系のそれほどかえしがきつくないのが特徴。豚骨の出汁の旨みがしっかり出ていて、かえし控えめの分出汁の旨みをしっかり味わえます。屋号に「極濃」とありますが、ドロドロに濃いわけではありません。

Ippon1109_04

 麺は並太ストレートで、これも家系と比べるとかなり細めに感じますが特段スープに負ける風もなく、そこそこのコシを保っていてスープの絡みも良好。細麺で替玉ができるようですが、細麺は合わないでしょうな。

 具はチャーシュー、きくらげ、刻みネギ、メンマ、海苔。量が足りないときは替玉よりご飯をつけたほうがよさげですが、おかずにするには具が寂しく、この辺は値段早々で致し方なし。

 開店時間が変わって中休みがなくなったようで、駅から近いこともあって中山競馬場からの帰りなんぞに重宝しそうです。

|

« 田中@水道橋 | トップページ | 【観戦記】11年第29節:浦和 0-1 大宮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52771920

この記事へのトラックバック一覧です: 極濃麺家初代 一本氣@小岩:

« 田中@水道橋 | トップページ | 【観戦記】11年第29節:浦和 0-1 大宮 »