« ごらんアウェー:C大阪2011(7・完)~スタジアムの風景 | トップページ | TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者 @池袋 »

2011.10.01

【展望】11年第28節G大阪戦

・清水戦から続く遠距離アウェー3連発もG大阪戦で終わり。浦和のチーム状態及び相手との力関係からすれば3連敗も覚悟しないといけないほど厳しい日程ですが、鹿島戦では内容はズタボロながらも勝ち点1を獲得。続くG大阪戦でも勝ち点1を獲得できれば上出来でしょう(もちろん第28節消化時点で勝ち点で甲府に追いつかれる懸念はありますが)。

・浦和の懸念事項は山のようにありますが、最大の懸念事項がG大阪との日程の差。G大阪が一週間丸々空いたのに対し、浦和は水曜日にナビスコ杯大宮戦をこなして中3日での対戦。もっとも浦和もナビスコ杯で主力を半分弱くらい休ませるのに成功したので、それほど懸念すべき話ではないのかもしれませんが。

・ナビスコ杯での収穫は、ランコがひょっとすると復調するかもしれないという淡い期待が生まれたこと。もっともせっかく掴みかかった良い流れをぶち壊すのはペトロの得意中の得意技なんで、あまり多くを期待しない方がいいんでしょうけど(自嘲)

・スタメンは鹿島戦がベースで、あとは宇賀神なり峻希なりの回復度合いを見て入れ替えなんでしょうが、鹿島戦やナビスコでの出来を見ると左SBは野田の方が守備がある程度計算できる分宇賀神よりマシという印象。

・もっともそれは右サイドにもいえることで、SBの攻撃参加なんてペッカーにはさほど重要ではありません(峻希の攻撃参加は見ている分には派手なんですが、今期それが決定機に繋がったケースなんてそんなにないような・・・)から、守備重視で試合に臨むなら峻希の回復度合い如何に関わらず暢久でも良いような・・・ ただ大ベテランの暢久に連戦が効くのか?という一抹の不安はぬぐえませんが。

・G大阪はしばらく離脱していた左SB下平が復帰する模様。大宮戦や横浜M戦を見たところ、代役の藤春のパフォーマンスがイマイチと思われただけにG大阪には朗報。またCB中澤が復帰するとの報も。

・遠藤が小破していて、試合に出ることは出るもののFK、CKとも蹴らなくなって久しいんですが、弱小浦和相手に無理に出なくても・・・・

<前節:G大阪 0-2 甲府>

---ラフィ--李----
二川--------キム
---遠藤--明神---
藤春-山口--高木-加地
-----藤ヶ谷----

61分:藤春→武井(3-5-2へシフト)
61分:キム・スンヨン→佐々木
73分:二川→平井

<前回:浦和 1-1 G大阪>

---平井--李----
宇佐美-------二川
---遠藤--武井---
下平-山口--中澤-加地
-----藤ヶ谷----

得点:56分 宇佐美

68分:平井→佐々木
79分:二川→高木和
84分:佐々木→キム・スンヨン

先制を許し、遅まきながら直輝&柏木が投入されてからの20分は見どころ十分。動き回る直輝に対して柏木が、原口が、そして峻希が次々と連動。G大阪を自陣に釘付けにした分厚い攻撃は魅力たっぷり。しかし浦和のビッグチャンスを潰しまくったのがマゾーラ。ここで1点でも決めていればその後ひょっとしてひょっとすると大化けしたかもしれませんが、マゾーラが使い物にならないことを万人に証明したような試合でした。

|

« ごらんアウェー:C大阪2011(7・完)~スタジアムの風景 | トップページ | TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者 @池袋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52836728

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】11年第28節G大阪戦:

« ごらんアウェー:C大阪2011(7・完)~スタジアムの風景 | トップページ | TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者 @池袋 »