« 【TV観戦記】W杯3次予選:日本 8-0 タジキスタン | トップページ | 【閉店】極辛BLACKつけ麺 七代目けいすけ@秋葉原 »

2011.10.13

【観戦記】11年天皇杯2回戦:浦和 4-1 宮崎産業経営大

・土曜日にJ1残留をかけた大一番「さいたまダービー」を控え、主力を全て休ませながら大学生相手に勝利を収めるという主目的は達成されていますから、この試合には何の問題もないという見方もあるかと思います。

・ただ普段出番のない選手、あるいは怪我明けの選手達が、レギュラー陣に割って入るだけのパフォーマンスを見せられたかという観点からすれば全くといっていいほど収穫がない試合でした。

・小島なり、直輝なりがレギュラー入りしているのは当然と思われる一方、もうJ1どころか、プロとしてやってゆくのはしんどいだろうと思わざるを得ないレベルの選手もおり、ベンチ入りできない選手はそれなりの理由があることを再確認した格好。「相手のレベルに合わせてしまう」暢久の悪癖も改めて確認。

・個人レベルでも疑問符がつく上に、もとより組織力皆無なので、当然ながら試合内容も低調。点差は付きましたが、シュート数やCK数は相手の方が多く、決定機の数も似たようなもの。浦和がチャンスを確実に決めて点差を広げはしましたが、内容は攻守ともお寒い限り。

---高崎--マゾ---
直輝---------原
---青山--小島---
平川-坪井--暢久-岡本
-----山岸-----

得点:14分 オウンゴール、18分 マゾーラ、55分 原、76分 高崎

HT:平川→宇賀神
63分:直輝→原口
69分:マゾーラ→野崎

・前半は宮崎産業経営大(以下「宮崎」)の仕掛ける猛プレスの前に浦和はまさにタジタジ。あまりの凄まじさに腰が引けたのか、気後れしたのか、あれよあれよという間に右サイドでしっかりボールを繋がれて開始10分で失点。偶発的でもなんでもない、力負け的な失点でした(失笑)

・もっともマゾーラが左サイドを強引に突破して、角度のないところから放ったシュートがオウンゴールを誘発して早い時間帯に追いつけたため、浦和に変な焦りが生まれる暇がなかったのはなにより。

・浦和は高崎&マゾーラという「どちらも全く収まらない2トップ」の弊害がモロに出たこともあって全く中盤が作れないためか、宮崎DFライン裏へ長めのボールを放り込んでFW陣を走らせる方針。慣れないどころか、全く適性がないと思われるSHに配された原が2トップと並んで最前線に張りがちなのはともかく、直輝までも前に出てしまって4-2-4みたいな格好になっているのを見て大笑い。もっともその直輝がロングボールに反応してタイミングよくDFラインを突破→落としたところにマゾーラがズドンという流れは見事。

・後半頭から怪我明けの平川に代えて宇賀神。さすがに宮崎の猛プレスも後半は息切れして浦和は中盤でボールを持てるようになりはしましたが、決定機はなかなか作れず。右サイドからのクロスを最前線に出ていた直輝が繋いで原がズドンと2点目ち似たような形で3点目を上げ、さらに小島CK→高崎ヘッドで4点目。

・代表帰りの原口を直輝に代えて起用した意図は良く判らず。

・マゾーラ→野崎の交代は野崎に経験を積ませる以上の意味はないでしょうけど、運が悪いことに3人目の交代枠を使った後に青山が故障。ベンチに下げもせず、かといってボランチに据えたままにするわけもいかないので、青山は足を引きずったまま最前線で浮遊するというなんとも居たたまれない光景が・・・

・「蛇頭蛇尾」な浦和に対して宮崎は速攻で応戦。スピードのある10番はなかなか厄介で、再三浦和DFライン裏へ飛び出してチャンスメーク。しかも最前線で坪井と対峙しながらボールをキープしている10番へのフォローも早く、宮崎が選手間でボールを回しだすと連携もへったくれもない浦和守備陣はあっけなく崩壊。宇賀神の守備は大学生相手でも安心できないのか・・・・

|

« 【TV観戦記】W杯3次予選:日本 8-0 タジキスタン | トップページ | 【閉店】極辛BLACKつけ麺 七代目けいすけ@秋葉原 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52979233

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】11年天皇杯2回戦:浦和 4-1 宮崎産業経営大:

« 【TV観戦記】W杯3次予選:日本 8-0 タジキスタン | トップページ | 【閉店】極辛BLACKつけ麺 七代目けいすけ@秋葉原 »