« 【展望】11年第28節G大阪戦 | トップページ | 麺座 ぎん@堺東 »

2011.10.01

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者 @池袋

 池袋駅ビル西側の「東武ホープセンター」の一角。川越の有名店「頑者」が初めて都内に出した店で、平日夜に往訪。

Tokyogan1108_04

 つけめん専門店ですが、濃厚タイプには飽き飽きしたので、淡麗と称する「つけめんライト(800円)」を注文。麺の量は200gと300gが選べ、今回は200gで。

Tokyogan1108_01

 店内は7人掛けと5人掛けのカウンターを向かい合わせに配置。さらに4人掛けテーブルが3卓。入れ替わり立ち替わり客がやって来てカウンターは常に満杯を維持している一方テーブル席はガラガラで、やむなく一人客を誘導したり。また券売機の案内や食券の授受は手馴れている一方、私も含めて水も出さずに放置している客が散見されたり、オーダーを間違って怒っている客がいたりと、接客に疑問符がつくところも。厨房内には4人もスタッフがいました。

Tokyogan1108_02

 つけ汁は鶏がらをベースとしながらも魚介系を強めに出した風ですが、思いのほか脂っぽい感じがしました。また困ったことにかえしの自己主張が強くて、かなりしょっぱいのが難。つけ汁としては特に問題はありませんが、食後にスープ割をもらったところ、出されたものはしょっぱくて飲めず、スープをもうちょっと足してもらいましたが、それでも飲むのはちょっときつくて困りました。これを「淡麗」と形容するのは非常に妙だと思いますが、その辺がつけ麺の限界なのかもと思ったりして。

Tokyogan1108_03

 麺は太い平打ち麺。平打ちの割には厚みもあって、つるつる、もちもちした食感も楽しく非常に気に入りました。つけ汁はさっと絡む程度ですが、つけ汁がしょっぱいのでそれで十分。つけ汁の中に沈んでいる柔らかいチャーシューをちびちび齧りながらあっという間に完食。

 800円の割には具が寂しく、チャーシューのほかにメンマやネギが少々、他に海苔、ナルト。場所がいいのでまた来るとは思いますが。

|

« 【展望】11年第28節G大阪戦 | トップページ | 麺座 ぎん@堺東 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52614482

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者 @池袋:

» UNDERGROUND RAMEN REMIX@大宮 [浦和御殿]
 大宮駅西口から北側へ歩いて、大栄橋(西)交差点そば。平日夕方に往訪。先客7、後 [続きを読む]

受信: 2013.08.17 13:05

« 【展望】11年第28節G大阪戦 | トップページ | 麺座 ぎん@堺東 »