« 【展望】11年ナ杯準決勝G大阪戦 | トップページ | 新福菜館 三条店@二条城前 »

2011.10.08

【TV観戦記】親善試合:日本 1-0 ベトナム

・3次予選タジキスタン戦を前に軽く調整の目的で組んだ親善試合だと思いましたが、残念ながら見所の非常に少ない、眠気が漂う試合になってしまいました。収穫が大きかったのは明らかにベトナムのほう。

・ベトナム戦のスタメンは西川、槇野、細貝、藤本とこれまで出場機会の少なかった面子がずらずらっと並ぶテスト的色彩の強いもので、おまけにこれまでの4-2-3-1に代えて3-4-3を採用。

・準備期間が非常に短い中でほぼメンバーを固定してアジア杯を制したのは見事でしたが、そこで課題となったのがバックアッパーの発掘。実際本田が長期離脱し、さらに足下内田や岡崎といったレギュラーメンバーを相次いで欠く事態になってしまったので、その穴をどう埋めるのかが緊急課題になってしまいましたが、フォーメーションまでいじったために、全体に連動性を欠きまくってバックアッパーの発掘にもシステムの熟成にも失敗し、まさに虻蜂取らずになってしまった感。

・前半は連携不足が顕著で、ボールホルダーが出しどころを探してながらドリブルを続けるという、なんか浦和でお馴染みの光景が頻出・・・ この日唯一の得点となった長谷部→藤本→李は見事でしたが、それだけだったかな? 一応右サイドを中心にサイド攻撃の形は作っているようではありましたが、この日は香川が大不振で悉くチャンスを潰していたような・・・ また遠藤がいないと深い位置からボールを散らすような形が作れないのも気になりました。

・そこでザックは早々と3-4-3を諦め、かつ選手を4人も一気に入れ替えてバックアッパーの発掘に専念。立ち上がりこそ選手間でテンポ良くボールが回って前半より遥かにマシだと思ったのですが、それもわずかの間だけで急激に失速。たいして動かない選手の間でだらだらとボールを回し、あとは思い出したように原口がドリブルを仕掛けるだけという、これまた浦和でお馴染みの光景・・・・

・さらに今野の凡ミスと、続くCKでヒヤッとする場面があり、いずれもGK西川の好セーブで事なきを得ましたが、それがグダグダ感に拍車をかけた感も。阿部も左サイド深い位置であっさりと交わされる失態。槇野は途中で足を攣って吉田との交代を余儀なくされてしまいました(そのあおりでマイク投入がボツに・・・)が、普段試合に出てない選手を代表に呼ぶのはどうかと思いますね、こういう場面を見ると。

・キリンカップでの試行も含めて一度も機能したためしがない3-4-3。これにザックがどこまで拘るのかは判りませんが、本番で使えるほど熟成が進んでいるようには思えず。結局4-2-3-1のままでタジキスタン戦を闘わざるを得ないでしょうな・・・

(試合開始)

-----李------
--香川----藤本--
長友-細貝-長谷部-駒野
-槇野--今野-伊野波-
-----西川-----

得点:24分 李

HT:伊野波→阿部
HT:長友→栗原
HT:長谷部→中村
HT:香川→原口

(後半開始)

-----李------
原口---中村---藤本
---細貝--阿部---
槇野-今野--栗原-駒野
-----西川-----

68分:槇野→吉田

|

« 【展望】11年ナ杯準決勝G大阪戦 | トップページ | 新福菜館 三条店@二条城前 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/52935856

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】親善試合:日本 1-0 ベトナム:

« 【展望】11年ナ杯準決勝G大阪戦 | トップページ | 新福菜館 三条店@二条城前 »