« 博多一幸舎本店@博多 | トップページ | 長浜ラーメン@新飯塚 »

2011.12.05

浦和2011年のまとめ

・辛く苦しいだけの1年が終わりました。まだ一応天皇杯が残っていますが、気分的にはもうシーズン終了「よくこれでJ1に残留できたものだ」今年の感想はそれに尽きます。

・誰が何を意図して、過去失敗の歴史しかないペトロビッチを監督に招聘したのかは未だに謎。

・そして監督の意向・志向とは何の関係もなく連れてきた新戦力、特に外国人選手は悉くハズレ。どう見ても補強が急務だったボランチはまともな補強がなされず、アタッカーの数だけはやたらいるという強烈にアンバランスなチーム編成。

・ペトロビッチが目指したサッカー、いやサッカーの体をなしていない「ペッカー」は、その指導能力の低さとも相まって、組織性が高いJリーグでは全く通用しないことが早々に明るみに。原口の個人的な活躍でかろうじて勝ち点を積み重ねてはいましたが、行き詰まり感は日に日に強まるばかり。

・おまけに観客減による収支赤字を危惧したフロントが、監督の意向とは無関係にエジミウソンを売却。代わりに連れてきたランコはリーグ戦では全く活躍できず、終盤はベンチにすら入れない始末。監督が無能な上に、フロントのサポートも満足に得られないとあってはチームの成績が低迷するのは道理。

・さらにフロントは何度もあった監督更迭のチャンスをなぜか悉く見送り、おまけに「語る会」で噴出したファン・サポーターの社長・GM・監督への罵声を受けて、監督ではなく、チームを変えるには何の即効力もない柱谷GMを解任。

・そんな斜め上の措置ではチーム状態が好転するはずもなく、リーグ戦は相変わらず低迷。ホームで「さいたまダービー」に敗れてとうとう降格圏に転落した直後のペトロの自爆的言動を受けて、ようやくフロントはペトロを解任。

・しかし、リーグ戦残りはわずか5試合。そんな状態で後任監督が簡単に見つかるはずもなく、ユースの堀監督を無理やりトップに引き上げ。ここまでのフロントの失態の数々を考えれば、サッカーの神様が浦和に「J2降格」という罰を下してもなんら不思議はありませんでした。

・やむにやまれぬ状況下で、まさに火中の栗を拾う格好になった堀監督。残り5試合を2勝2敗1分で勝ち点7を積み上げ、なんとか甲府を交わしてJ1残留に成功。ナビスコ杯決勝ではまざまざと鹿島に力の差を見せつけられ、リーグ戦でも磐田と柏には完敗を喫してしまうなど、トップの監督としては経験不足な面も垣間見られましたが、非常に難しい局面で監督を引き受けていただき、J1残留という唯一かつ最大の目標を達成した堀監督には感謝の言葉しかありません。

・ファン・サポーターへの裏切りにしか見えない愚行を繰り返すフロント、そして全く先の見えない低調な試合内容に嫌気がさしたのでしょうか、観客数は一段と減少。成績不振よりも、フロントへの信頼が大いに損なわれたのが今年の浦和の最大の痛手でしょう。

|

« 博多一幸舎本店@博多 | トップページ | 長浜ラーメン@新飯塚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/53402044

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和2011年のまとめ:

« 博多一幸舎本店@博多 | トップページ | 長浜ラーメン@新飯塚 »