« 【移転】まないた家@神田 | トップページ | 津和野・萩2011(9・了):萩城下町(下) »

2011.12.20

幻の中華そば加藤屋 県庁前もりーんの章@島ノ越

 京阪石山坂本線島ノ越駅から県庁方面へ歩いて「中央3丁目」交差点の南。大津は滋賀県の県庁所在地ですが、日が沈むと官公庁の多い界隈はほとんど人が歩いておらず、店らしい店もないので寂しいこと限りなし。土曜夜に往訪。先客4、後客ゼロ。

0008

 屋号がやたら長い理由がよく判りませんが、京都や滋賀に5店舗を出している加藤屋グループの一つ。屋号に敬意を表して「幻の中華そば(680円)」を注文。塩や味噌も用意。「幻」とは鰹+鶏のスープの意味で、さらに煮干しを加えた「和み」や「脂そば」「つけ麺」などメニューは豊富。

0000

 店内は厨房沿いにカウンター6席と壁際に4席。さらに4人掛けテーブルと2人掛けテーブルが1卓ずつ。厨房内にはスタッフが二人。店主はイラストに微妙に似ています。

0001

 能書きでは鰹+鶏とありますが、鰹節がかなり強めで鶏のほうはよく判らず。かえしは甘め。表面にわずかに背脂も確認できますがこってりには程遠く、むしろあっさりした印象を受けました。

0004_2

 麺は並太縮れ麺で堅さ、食感にこれといった特徴なし。残念なことに麺の量に比べてスープがかなり少なく、食べる前から麺がスープの上に顔を出しているのにはがっかり。おまけにスープの絡みもイマイチ・・・ スープ自体はそんなに悪くないだけに残念。

 大きなメンマはやや大味。チャーシューは極薄。ネギも臭みが強くて苦手。

|

« 【移転】まないた家@神田 | トップページ | 津和野・萩2011(9・了):萩城下町(下) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/53257203

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の中華そば加藤屋 県庁前もりーんの章@島ノ越:

« 【移転】まないた家@神田 | トップページ | 津和野・萩2011(9・了):萩城下町(下) »