« 【観戦記】11年全女準々決勝:新潟L 1-0 浦和L | トップページ | あずみ@熊谷 »

2011.12.25

【観戦記】11年天皇杯準々決勝:FC東京 1-0 浦和

 暢久がルーカスと交錯して負傷退場した不運もありましたが、序盤FC東京(以下「瓦斯」)の一方的な攻勢を許して失点。その後浦和は徐々に攻撃の糸口を掴み始めるも、ラストパスやフィニッシュに精度を欠いて完封負け。J2下位相手なら現状でもなんとかなるが、J2優勝チーム相手には歯が立たないという今の浦和の立ち位置がはっきりしたような試合でした。

 瓦斯は立ち上がりから浦和の両CBや啓太が深い位置でボールを持った際に猛プレスをかけてきました。足元不如意な選手がごろごろいる浦和は、この猛プレスでメロメロ。ビルドアップどころではなくなってしまい、瓦斯は浦和のミスに乗じてショートカウンター。羽生、石川と際どいシュートを撃たれ、さらにバイタルエリアでボールを繋がれたあげく、石川に先制点を許してしまいました。

 失点後も試合は瓦斯ペース。瓦斯は浦和にボールを繋がれても慌てずに自陣にブロックを形成し、浦和が無理に縦パスを入れてきたところで本屋を奪ってカウンター発動。それを嫌った浦和はなんとかサイドから瓦斯守備陣をこじ開けようとしてはいましたが、前半は単調なクロスを入れるだけで点が入りそうな気がしませんでした。

 前半の終わりあたりから柏木やマルシオ、さらに梅崎が前線に飛び出してチャンスになりかかりましたが、ラストパスやフィニッシュに精度を欠いて最後まで得点ならず。先制点を得た瓦斯は無理をしなくていいという状況を最大限に生かして、慌てず騒がず浦和の攻撃をいなしきりました。昨年までの瓦斯なら「優勢な時間帯に点が取れず、何かの拍子にポコっと点を取られて、負けた気はしないけれども終わってみれば負けている」というのがお約束という気がしますが、1年のJ2暮らしで随分と勝負強くなった、勝てる試合をきっちり勝つ試合運びができるようになったと感じました。

 原にせよ、高崎にせよ、瓦斯レベルの相手で1トップを務めるのは力不足でしたし、困ったことにこの日は直輝が凡ミス続出。不思議なことに直輝は左SHで起用されましたが、機能しないどころかチームの足を引っ張り続けていただけでした。故障と謹慎による前目のタレント不足ゆえ無理のある布陣を引かざるをえなかったのでしょうが・・・ 

 堀監督は「目先の勝ちだけが大事」というトーナメントには向いていないように見受けられましたが、難局で急遽監督を引き受けていただき、J1残留という最大にして唯一の目標を達成した以上、天皇杯にまで多くを望むのは罰当たりでしょう。わずか2ヶ月ちょっとと与えられた時間は極めて短いものでしたが、荒廃した浦和の復興にご尽力していただき、誠にありがとうございました。

20111224014

-----原------
直輝-柏木--丸塩-梅崎
-----啓太-----
暢久-濱田--坪井-平川
-----加藤-----

9分:暢久→野田
67分:原→高崎
88分:柏木→宇賀神

20111224017

-----ルーカス-----
谷澤---羽生---石川
---梶山--高橋---
椋原-今野--森重-徳永
-----権田-----

得点:20分 石川

62分:羽生→セザー
73分:石川→田邉
86分:谷澤→鈴木

 

|

« 【観戦記】11年全女準々決勝:新潟L 1-0 浦和L | トップページ | あずみ@熊谷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/53563572

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】11年天皇杯準々決勝:FC東京 1-0 浦和:

« 【観戦記】11年全女準々決勝:新潟L 1-0 浦和L | トップページ | あずみ@熊谷 »