« 原一樹選手、京都へレンタル移籍 | トップページ | 青山選手、徳島へレンタル移籍 »

2012.01.17

【閉店】BASSO DRI ⑨@要町

 池袋駅西口から立教通りをずんずん進んで立教大学を過ぎ、「霜田橋」を越えてすぐ。土曜昼に往訪。先客1、後客ゼロ。「塩中華の店 まるきゅう」があったところにできた「BASSOドリルマン」と「まるきゅうらあめん」のコラボ店。

Basso90006

 店外の小型券売機で「中華そば(750円)」を注文。並盛・中盛が同値段なので中盛にしてもらいました。他に「つけそばクラシック」「つけそばジャンク」といったメニュー構成。

Basso90002

 店内は前店から全く手を加えていないようで、L字型カウンター8席のみ。よくいえばシンプル、悪く言えば素寒貧としています。厨房内にはスタッフ2名。

Basso90003

 スープは鶏がらベースの古典的な醤油味に近いタイプですが、あっさりすっきりした、雑味が全くない味わい。表面の脂がコクを加えています。

 麺はつるつる、もっちりした並太の平打ち麺。BASSOドリルマンの麺箱が見えましたが、スープの絡みはいたって良好。中盛にしてもそんなに量が多い感じはしませんが、スープの量とのバランスが崩れているわけでもなく、これはこれでまあええかと。

Basso90004

 チャーシューはやや薄めながら、脂身が少なくて肉質のしっかりした優れもの。他に細いメンマ、刻みねぎ、海苔。

 個人的にはかなり気に入りましたが、学生向けとは思えず、「中華そば」とは全くベクトルが異なる「つけそばジャンク」を品揃えに加えているあたりに一抹の不安が・・・

|

« 原一樹選手、京都へレンタル移籍 | トップページ | 青山選手、徳島へレンタル移籍 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/53509962

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】BASSO DRI ⑨@要町:

« 原一樹選手、京都へレンタル移籍 | トップページ | 青山選手、徳島へレンタル移籍 »