« 大晦日の山陽路2011(3・完) | トップページ | 高崎、甲府へ完全移籍 »

2012.01.06

焼味豚丼@吉野家

吉野家が12月8日から売り出し始めた「焼味豚丼~十勝仕立て」。出だし好調とのことで、早速試食してみました。

従来の「豚丼」が「牛丼」を提供できなくなった時期に開発された「牛丼代用品」「牛丼廉価版」の域を出なかったのに対し、「焼味豚丼」は帯広豚丼風に仕上げたもの。

Butadon1112_01

ただ如何せん値段が値段なんで、豚肉の量がイマイチ少なく、肉よりは甘みと渋みのバランスが取れたタレで食わせるような感じ。また従来の豚丼と違って玉ねぎなどの野菜類がなく、代わりにキャベツの千切りがちょっとのっているだけなので、濃い味にすぐに飽きが来てしまう面もなきにしもあらず。

でも肉は案外柔らかく、これで380円ですからまぁまぁじゃないかと。

「すき家」や「松屋」との値下げ競争に巻き込まれるよりも、新メニュー開発に打って出た吉野家の路線を私個人としては支持します。

0000_7

ちなみにかつて帯広の「ぶたはげ」で食べた豚丼はこんな感じ。比べるもんじゃありませんなぁ・・・(´・ω・`)ショボーン

|

« 大晦日の山陽路2011(3・完) | トップページ | 高崎、甲府へ完全移籍 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/53590023

この記事へのトラックバック一覧です: 焼味豚丼@吉野家:

« 大晦日の山陽路2011(3・完) | トップページ | 高崎、甲府へ完全移籍 »