« 【仮説】お土産に見る指宿市の心境の変化 | トップページ | 魅惑の浦和2012 »

2012.02.12

【閉店】乙麺造場@大山

Otumen1201_04

 東武東上線大山駅西口から川越街道へ出て南へ。中丸町交差点そば。日曜昼に往訪。先客ゼロ。後客1。

Otumen1201_05

 細かく笑いを取ろうと懸命。

 池袋の居酒屋「酒亭 楽旬堂 坐唯杏(ザイアン)」の支店で、らーめんだけではなくうどんや蕎麦も打つ製麺所を兼ねて出店(店入口左側に製麺所が見えます)。もっともこの店で出しているのはらーめんのみ。鴨が売り物のようで、「鴨出汁らーめん・醤油(680円)」を注文。

Otumen1201_01

 店内はやたら広く、4人掛けテーブルが5卓とカウンターが10数席。「お酒も飲めるラーメン屋」を志向しているようで、確かに店内の造作はそんな感じですが、お酒が売り物の店なのに駅から遠く、しかも川越街道を渡らないといけないというのは大きなハンデ。

Otumen1201_02

 非常にすっきりしたビジュアル通り、スープはあっさりすっきり、かえしも控えめ。でも鴨なんて滅多に食べる機会がありませんから、鴨出汁のほうは良く判らず。脂っ気の全くない鶏がらベースのスープみたいな感じでしたが、ほんのり甘みがあるのが鴨ゆえんかな?

Otumen1201_03

 

 麺は平打ちの緩い縮れ入り。スープの絡み自体はまずまずですが、どういうわけかかなり堅めで参りました。しかも口当たりが若干ざらざらごわごわしていて、味わいはうどん、口当たりは蕎麦に近い面白い麺だとは思いますが、スープとの相性は最悪に近いかと。

 小さいながらも柔らかいチャーシューがふた切れ入っていましたが、これは間違いなく鴨。味玉もしょっぱくない程度にしっかり味がついています。他に海苔、小松菜、メンマ、きざみネギ。値段の割には具沢山。

 オリジナリティーは抜群で、一度食べてみる価値はありますが、そもそもこれはらーめんなのかという根本的な疑問が・・・・

|

« 【仮説】お土産に見る指宿市の心境の変化 | トップページ | 魅惑の浦和2012 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/53685525

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】乙麺造場@大山:

« 【仮説】お土産に見る指宿市の心境の変化 | トップページ | 魅惑の浦和2012 »