« 【観戦記】12年第6節:浦和 2-0 神戸 ~ 浦和の10番マルシオ リシャルデス、ついに復活! | トップページ | 【観戦記】12年第1節:狭山 0-5 浦和L »

2012.04.15

MDP(No.404)、三上卓哉氏の記事に思う

神戸戦のMDP(No.404)に掲載されていた三上卓哉氏の記事が妙に心に残りました。

「個々の選手の力がそれほど高くないチームは、しっかり組織でプレーするということが大事なんですが、レッズの試合を見ると、そういうルールがないのかなと思いました。」

「でも、あのレッズがアジア王者になったときには、何が正しいのかわからなくなりましたね。」

昨シーズンをもって引退した元浦和の三上氏。

汚いファウルが多いのは論外としても、正解がないのがフットボール。

組織性は皆無に等しかったが圧倒的な個人能力、特に超人的なFWの力でリーグ制覇、アジア制覇を果たしたかつての浦和。これも一つのあり方で、そんな浦和を未だに懐かしむ人も少なくありません。

でも、浦和は2008年の挫折を経て別の道を歩み始めました。結果が出ずに一度は投げ出してしまったんだけど、残留争いという屈辱に塗れた後、立ち上がってまた元の道を歩き出しました。

先々つまづくかもしれない。こけるかもしれない。

でももう道を踏み外して欲しくありません。

|

« 【観戦記】12年第6節:浦和 2-0 神戸 ~ 浦和の10番マルシオ リシャルデス、ついに復活! | トップページ | 【観戦記】12年第1節:狭山 0-5 浦和L »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/54475015

この記事へのトラックバック一覧です: MDP(No.404)、三上卓哉氏の記事に思う:

« 【観戦記】12年第6節:浦和 2-0 神戸 ~ 浦和の10番マルシオ リシャルデス、ついに復活! | トップページ | 【観戦記】12年第1節:狭山 0-5 浦和L »